スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Case Study ~あなたならどうする?~

Category : 勉強部屋
土曜日のCal vs Oregon stateの試合中、TailbackのJahrid Best選手(Cal)が脳震盪を起こした。
Videoを見て受傷起点を確認してみてほしい。
かなり高い位置から後頭部、背中にかけて地面に打ち付けているのがわかる。
ヘルメットが取れるほどの衝撃。そして、意識を失って四肢が硬直しているのを見れば
最悪の状況を考えて、メディカルチームは動かなくてはならない。
スパインボードで頸椎を固定し、酸素マスクをつけて病院へ運ばれていった。

        sp-APTOPIX_Orego_0500816422_convert_20091109082929.jpg

いくつかの記事を読んだところ、病院に着くまでに四肢の硬直は解け、動かすことができていたよう。
その後のコーチとESPNによれば”全てのテストは陰性”と伝えられ、脳震盪という診断が下った。
また、この選手は10/31に行われたArizona stateとの試合後、頭痛を訴え”軽度の脳震盪”と
診断されていた。4日までは休んだものの5日の練習には参加し、7日の試合に出場。

では、この場面でまずATCがRule outしなければならないことは何なのか?
選手の場所へ駆け寄り、病院へ搬送するまでの流れを書きだしてみてください。
そして、”全てのテストは陰性”というNewsの情報。
一体そのテストとは何なのか?そして、それぞれのテストは何を見るためのものなのか?

実はこれは授業の課題の一つで出たものなんです。実際に適切な対応をするには
経験が必要ですが、やるべきことをしっかり理解していなければ当然やることも
できません。常に自分が対応しなかった場面でも自分ならどうするか?
ここを考えていきたいですね。火曜日に授業内でこの課題に関してのDiscussionがあるので、
その後またアップします。ぜひ、学生トレーナーで活動している人は自分がヘッドトレーナーと
して考えてみてください。実際に文字に起こすことも大切ですよ。.
スポンサーサイト

残暑お見舞い申し上げます(熱中症対策)

Category : 勉強部屋
といっても、ここハワイでは年中暑いわけでそれほど実感がないのですが、日本はまだ暑さが続いているのでしょうか?多くのチームが夏合宿を行ったと思いますが、暑さに対してどう対策をしましたか?いつも問題になるのは、熱中症。いかに脱水症状にならないようにするか、暑さに身体を順応させていくか頭を悩まされたかもしれません。そんなわけで、今回は熱中症に対してのサマーキャンプでの取り組みに関して書きたいと思います。

最近、NATAからも「Preseason Heat-Acclimatization Guidelines for Secondary School Athletics」がReleaseされています。これは、高校レベルでのプレシーズンにおける熱中症対策に関してのガイドラインです。そして、NBCでも特集が組まれていてAthletic Trainerが話をしています。アメリカでさえ昨年フットボール選手を中心に熱中症で亡くなった高校生は18人にも上るということ。以下、NBCでの特集です。
     
うちの大学では、プレシーズン中に今回は教授の研究の一環としても尿検査、体重チェックを行いました。尿検査では、カラーチャートを使って尿の色から脱水のレベルを見る方法(脱水がひどいほどお茶のような濃い色)やClinical refractometerというもので、尿比重をチェックする方法(通常は1.002~1.035の間ですが、脱水の場合は尿が濃縮されるのでその値は高くなります。)の二つの方法を取っていました。また、練習前後での体重チェックも欠かせません。練習後体重の2%以上減少していた場合、水分補給が足りないということになります。

選手たちはグラウンドに行くまでに少し歩くのですが、そのルートの途中に2か所「Water Station」を配置しました。グラウンドへ行くまでに最低2回水分補給を全員に徹底させるためです。

グラウンドにおいては、WBGT(Wet Bulb Global Tempreture)を使って、温度と湿度を図ります。値によって、注意の度合が変わっています。練習中の水分補給や練習強度に関してもこの値を参考にして調節する必要があるでしょう。

guide_image_convert_20090827123745.gif

NBCの特集中に何やらAthletic Trainerがくるくる回していたものはなんだろう?ちょっと楽しそうだけどね。笑 あれは、Sling Psychrometer(乾湿計)。湿度計の一種で乾球計と湿球があって、その差で大気中の湿度を測るものです。この画像はちょっとじっと見ていると、動き始めますよ。
        sling2.gif

練習に関してもNCAAのガイドラインで最初はハーフスタイルでノンコンタクト、2時間の練習など細かく決まっています。上記で紹介した高校生に対するガイドラインでも14日間でどのように練習をし、徐々に暑さに適応させていくかが示されています。NBCの特集にも簡単に表で説明されていました。やっぱりこうやって頭の整理をすると記憶にも残りやすいので、勉強の一環としてちょくちょくアップしていきます。

皆さんのチームではどんなことをやったかコメントで頂けると大変参考になります。妙高での合宿をやったチームは今年はどんなアプローチをしたのかな?
プロフィール

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。