スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whitewater Rafting in Maine

Category : stoughton high school
もう3週間も前のことになるけど、4時間車を走らせてMaine州までラフティングをしに行きました!今実習先で自分のスーパーバイザーであるJenはラフティングのインストラクターでもあり、毎週末4時間かけてここまで働きにくるんだって。でも、実際に言ってみてその意味がよくわかりました。こんな広大な自然を今まで見た事がない。紅葉がとてつもなく綺麗で、ただただその場所に身を置くことで気持ちがいいって感じでした。
P1160469_convert_20101023010844.jpg
土曜日の夜に到着して、夜は外でキャンプファイヤー。星空が。。。これも今まで見た事ないくらいくっきり見る事ができました。写真中央はロッジのオーナー、そして実習先で一緒に働く皆と飛び入り参加の友人。

DRE+10-03-10+K035_convert_20101023010757.jpg
こんな感じで後方に位置するJenの指示で進んで行きます。この日は今年のシーズン最後の日ということで、少し寒かったですがウェットスーツにフリース、レインジャケット、そしてライフジャケットと着込んだこともあり問題なし。でも、泳ぎが苦手は自分は川に落ちる事を覚悟していったのであります。

DRE+10-03-10+K010_convert_20101023010940.jpg

そんな心配もする必要もなく、こんな感じで波に突っ込んでいくわけですが終始楽しい時間を過ごせました。

P1160523_convert_20101023011012.jpg

機会があればぜひトライしてみてください。次は来年の夏がシーズン開始です。
スポンサーサイト

You read my mind

Category : stoughton high school
昨日は自分が実習で働くStoughton high schoolのFootballの試合でした。Awayでしたが無事勝利で飾ることができ、皆うれしそうにスクールバスで帰っていきました。帰り際皆によくやった!!と声をかけながら、怪我がないかどうか確認をしていましたが、皆『カツ!!やったぜー』『カツのテーピング、ストレッチのおかげだ』などうれしいことを言ってくれます。今シーズンは一緒に戦うわけですが、すでにいい関係を作れていることがとてもうれしい。

g26c2e2000000000000c2f06880905723187192ef4e0a6805dd857adc40.jpg

それも全てはこの高校のアスレティックトレーナーであり、スーパーバイザーのJenのおかげ。

DSCF2867_convert_20100926104323.jpg

この高校が最初のアスレティックトレーナーとして雇った彼女は少しずつ、自分が理想とする環境に近づいていると先日車の中で話してくれました。毎日、一緒に活動しながらいろいろなことを話します。自分が日本の高校にアスレティックトレーナーを配置したいという思いを持っている事も既に話しているし、その中で彼女は日本の現状を自分から聞き、これはどう?あれは使えないの?など様々なアドバイスをくれます。車で移動する時も時間がもったいないとその間はアスレティックトレーニングのことで話します。一緒に車で移動した先はスポーツメディシンの商品(テーピングなど)を扱うお店。基本的にはカタログから注文してそれを届けるのがそのお店のシステムですが、昔からJenは直接お店に商品を取りにいき、そこのお店の人達といい関係を作ってきたと言います。『前からカツが言っていた在庫管理やマネージメントの部分も見せるわね』。そういって、カタログよりもかなり安い値段で商品を買っている事を教えてくれました。年40万ほどの予算は高校では多い方だと彼女は言いますが、いかにうまくそのお金を使うかもアスレティックトレーナーの仕事の一部なんですね。

”What did you learn today?"

これはもうJenお決まりの言葉となりました。『もし、何も学んでいないのなら私のアプローチの仕方が間違っているということ。だから、その時はしっかり言ってちょうだいね。』そう言ってくれるほど、学生達のことを考えてくれていますが、もちろん毎回学んだ事は口から出てきます。そういう場をあえて作ってくれている時もあります。

そして、最近自分が前から意識している事とJenが求めている事が一致するようになってきました。

DSCF2849_convert_20100926110007.jpg

自分が意識していることの中に”いかに相手が考えていることの先を読めるか”という部分があります。特に試合の現場でJenは自分たち学生も一人のアスレティックトレーナーとして扱います。昨日の試合中の事でした。相手チームの選手が倒れ、足を抱えながら暴れています。相手高校のアスレティックトレーナーとドクターが走ると同時にJenも走ります。選手のところまで言ったと同時にサイドラインにいる自分にジェスチャー。

”Bring Vacuum splint!!"(ジェスチャーで。笑)

その瞬間、バッグを手に自分はダッシュです。選手のところまで言ってすぐに使えるようにsplintを広げ、ポンプを使えるように準備。どうやら脛骨、腓骨両方折れているよう。救急救命士あがりのJenは通常高校レベルにはないVacuum splintやフェイスマスクを外す電動ドリルなど常にグラウンドに持って来ています。相手チームの選手なのにほぼjenと自分で対応したような感じ。でも、これがチームで動くということです。

足関節捻挫の既往がある選手が足を引きずりながらサイドラインへ出て来て、Jenがテーピングを切っていたら、”巻き直す”ことが頭に浮かぶ訳です。外している間にその横ですぐにテープを巻けるようにスプレーやテープの準備をしておく。

また、Jenがケガ人の対応でサイドラインの後ろに下がったら、自分が試合をモニターする位置へ上がり、何かあれば自分が最初にグラウンドへ。そして、同時にJenにも声をかける。

当たり前のことのように思えるけども、ここがお互い意思疎通ができていると対応は驚くほど早く、それが理想とも言える。

そんな場面があると、決まってjenはこういってハイファイブを二人で交わす。

”You read my mind. That was exactly what I wanted. Good Job"
プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。