スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界と戦う日本人

Category : スポーツ
Screen shot 2010-06-30 at 3.04.36 PM

日本代表頑張りました!たくさんの人がワールドカップでの彼らの戦いから多くのものを得たんだろうなと思う。見ている側というのは本当に勝手で、ワールドカップ前の戦いを見る中でここまでの戦いをすると思っていた人は少ないだろう。それでも一度結果が出れば、その態度はコロッと変わる。

逆に言えば、戦っている本人達はそんな周りの評価というものに振り回されている暇はなく、ベスト4を本気で狙うといった岡田監督と共に前しか見ていなかったのだろうなとも思う。

自分はというと、4年に一度のワールドカップ期間中にMLSのチームでインターンをし、日本戦は欠かさず応援し一喜一憂する。スポーツの世界で働きたい自分にとっては、なんかとっても幸せな時間を過ごさせてもらってる。今回はUSAの戦いも同様に見所満載だったし、そのUSAが負けた後日本戦をチームの施設で周りを他国の選手に囲まれながら見るのもまた何か不思議。”Japanはいいチームだ!結果はどう?”といつも気にかけてくれる選手達と話す中で、勝ち進んでいるのがまた同じ国の出身として誇りだったり。アメリカに来てからスタジアムで聞くNational Anthemはいつも鳥肌が立つ瞬間だけど、いつか日本の国歌をグラウンドで聞く時がありますように。

残り2週間弱となったインターンも前回のエントリーで書いた現場での動きから学んだことをきっかけに、ちょっとブレイクスルーした感じ。先週末のHomeの試合では先を予測して自分でも納得のいく動きができたし、試合後headとAssistantの二人にも”今日のKatsuは動きがよかった。いいバックアップだったよ!”と言ってもらえた。日々の練習でも練習前のテーピングやトリートメントは選手からもお願いをされるようになって来たし、やっとこうありたい自分というものを感じながら、活動ができている。課題はやはりこの状態になるまでの期間をいかに短くできるかだとつくづく思う。来週末のホームでの試合でこのチームともお別れ。こいつを選んでよかった!と絶対に思ってもらえるように、日本代表にもらった戦う姿勢を忘れずに頑張ります。
スポンサーサイト

カンザスシティー探索

Category : スポーツ
ここでの生活も”うぁっ”という間に1ヶ月。チームに慣れるのに必死だった最初に比べると幾分気持ちの余裕もでてきたことも関係してるのか、一日が終わってしまうのが本当に早い。ぼぉーとしていたら残り1ヶ月もすぐ過ぎてしまいそう。毎日意識を持って活動しないとね。

木曜日はHome Gameでした。試合が行われている最中は担架係としてベンチ際でスタンバイしている感じです。試合と同様に両チームのATCの動きも見れるので、連携と言う部分を実際の場面で見させてもらってます。
試合前にこの前半のインターンとしての活動状況を見て、いろいろアドバイスをもらいました。
アドバイスとして残り1ヶ月で焦点を当ててやっていく事として、以前にも書いた自分でも課題だと思っていることが上がりました。やはりこの部分は外から見ていても自分自身でも共通する部分。逆に言えば、焦点を当てる部分ははっきりとしているので、今までのように”やっぱりそこが自分の課題なんだ。なんで直せないんだろう”という気持ちはなくなりました。実際、試合でのハーフタイムの動きでも自分から選手に働きかけることが多くできたと思います。頭で考え過ぎず、まずは行動で。これをもっと目に見える形でやっていくこと。

昨日から1週間の間ワールドカップということでチームとしての練習もお休み。昨日は2回目の手術見学に行ってきました。Trigger finger, ACL reconstruction with Hamstring, Meniscectomy (Arthroscopy)の3つ。ACLは前から一度見てみたかったのですが、いやぁー何かもう職人技って感じですね。Drはすごく丁寧に説明しながら進めてくれるので、助かります。オペに関しても少し知識を入れておかないとなー。

今日、明日の2日間はお休みー。特に遠出もせず、ワールドカップやNBA Finalでも見ながらゆったり過ごそうと思います。今日は、以前の一日オフで行ったカンザスシティーロイヤルズの球場をご紹介。いつも記事が長くなってしまうのをどうにかしようと思うのですが。。。時間があれば続きをどうぞ!!

→続きを読む

Austrian cheese『Topfen』

Category : スポーツ
t1larg_convert_20100216104234.jpg

オリンピックが始まりましたね。部屋にテレビがないので、トレーニングルームでちょろっと見るかニュースで結果を確認するくらい。先週のReserch Methodのクラスで資料として出てきたのもあるオリンピック選手の記事でした。

その記事はSkierのLindsey Vonnがオリンピック直前の2/2に右の下腿を怪我したと。Skierはこの怪我を"Shin bang"と呼んでいるようで、ブーツの前の部分と脛がちょうどぶつかる場所で起こる打撲のことを言っているようです。そして、多くの記事はその怪我もさることながら、彼女が用いた治療に関して焦点を当てているものが多い。

なぜか?と言えば、彼女はその下腿の腫れをひかせるために『Topfen』というチーズを腫れている部分に塗っているというからです。専属のPTがそれをしていて、効果があるように感じていると。Evidence Based Medicineの時代にあって、多くの専門家がその効果を疑問視し、いろいろな仮説が述べられています。”チーズの冷たさがいわゆるアイシングと同じような役割を果たしているのでは?”という見方もあれば、前回のオリンピックで働いていた一人のアスレティックトレーナーは記事の中でこう言っています。

"Regardless of whether it's a home remedy or passed down from generations or something someone thought of, if the athlete believes in it, there is significant value in that," said Reiff, who has worked as an athletic trainer in previous Olympics. "If the person who is receiving that treatment believes that it's part of the puzzle of getting better, therefore that athlete has faith. I am a firm believer that it has value."

確かに彼が言うようにその手段が何であれ、その選手が信じてやっていることは結果的に価値のあるものになりうるということ。これは、私もちょっと納得してしまいました。もちろん、やるべき対処法がある中でそれをせずに効果があるかどうかもわからない治療をするのでは本末転倒ですが、この記事に限らず何か論文や一般の常識で『正しい』と思われていることから例え外れていたとしても、それを『間違っている』と簡単に言うことはできないのではないかということです。

話はさらに脱線し派生しますが、人間の身体に関してもまたしかり。世界中にありとあらゆるアプローチ方法がある中で西洋的でスタンダードなものを今学んでいる訳です。でも、過去にも説明できないけども結果が出て、選手にとっていい効果をもたらすことができる、スタンダードからは逸脱するアプローチ方法も見てきました。皆と違うからおかしいと言ってしまうのは簡単ですが、人間の身体の仕組みもまだ完全に解明されていないのであれば、アプローチ方法も無限にあるのだと思うんです。だからこそ、自分は何を持ってアスレティックトレーナーとして活動していくのか?一つのアプローチ方法をとことん追求してもいいし、引き出しをたくさん持って適材適所に選んで使うのもいいのでしょう。つまりは自分はこれだ!というアプローチを持っていることが重要なのだと。どれが正しいはないのだと思います。自分ができないけど、他の人ができるのであればその人に任せればいい。そういった考えもできるしね。

私はというとまだまだ基本を勉強中なので、まず足下を固めないといけません。そんな中でいろいろなものにアンテナを張って蓄えるだけ蓄えておこうと思います。

Reference/Pics from http://www.cnn.com/2010/HEALTH/02/12/cheese.cure.vonn/

Arena1

Category : スポーツ
2010年、アリーナフットボールはAFLとAF2が事実上合わさるような形で『Arena1』として返ってくる。4月の頭から始まるレギュラーシーズンは18週で15チームが参戦。この2月に多くのチームはトライアウトを行っている。

news-photo-21_convert_20100214113146.jpg

アリーナでも夏のインターンを考えているので、チームとトライアウト情報をここに。
現在のロースターを見る限り日本人はいないのかな?
Arena1のHPはこちら

<チームとトライアウト情報>※チーム名をクリックするとHPに飛びます。
Alabama Vipers 現在、HPに繋がらない。作成中か??
Arizona Rattlers ロースター決定!?
Battle Wings ロースター決定!?
Chicago Rush 2/14 in LA, 2/22 in chicago
Cleveland Gladiators 2/27 in Atlanta, GA
Dallas Vigilantes 2/21 in UT Arlington, TX
Iowa Barnstormers ロースター決定!?
Jacksonville sharks 2/28 in FL
Milwaukee Iron ロースター決定!?
OklahomaCity Yard Dawgz ロースター決定
Orland Predators 2/13, 3/6 in Orland,FL
Spokane Shock 2/14 in Pullman,WA 2/27 in Atlanta, GA
Tampa bay storm 2/20 in Tampa, FL
Tulsa Talons 場所と日程を公開していない。メールで聞く必要あり。
Utah Blaze 2/27 in salt lake city, Utah

Everything happens for reasons

Category : スポーツ
人生というものは何があるかわからないもので、バタバタした日々を過ごしておりました。
でも、”Everything happens for reasons”だと思っている部分は強く、
今決断したことは後々きっと何かに繋がることだと思っています。
まずは、今学期も残り1カ月切ったので気を緩めず、この調子でいきたいものです。

今週末はちょっとリラックスして、前から楽しみにしていた映画と博物館へ行ってきました。
映画はアメリカのスポーツ映画の王道であるアメフトが題材。
そして、今年NFL入りしたMichael Oherの実際の話なんです。

large_michael_oher_nfl_draft.jpg

彼は複雑な家庭事情を抱え、高校生ですでに帰る家はありませんでした。
そんな彼をSandra演じるLeigh Anneは自分の家に招き入れ、
そこから彼とその家族との物語が始まります。
大きな身体に恵まれて、”BIG MIKE”と呼ばれた彼はアメフトを始め、
多くの大学からスカウトが来るまでに。。。

The Blind Side』というその映画を見て、彼の人生にはもちろん、彼を引き取って
家族の一員としたAnneの行動にとても感心しました。それが実際の話なので、なおさら。

アメリカでは20日から公開が始まったので、日本ではまだかもしれませんがぜひ!

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。