スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do my job

Category : UH
ハワイ大学の時に自分のACIだったブライアンが地元TVの『Do my Job』というコーナーに登場。彼はフットボールとバレーボール担当で、テーピングやストレッチをされているジョーはバレーボール選手。足首のリハビリを一緒にしていた時期もあったので、めちゃくちゃ懐かしかった。


今日もボストンまで行ってきました。AT関係お二人とランチをご一緒させてもらって、その後もちょっとボストン散策。そうそう、今日はバレンタインデーだったんですよねー!知らない間に自分のバックパックにハートのシールが張られた洗濯バサミがくっついていたりするドッキリ!?も。誰がつけたか全くわからんー。それぐらい賑わっていました。でも、やっぱり人に会っていろいろ話を聞くことが一番自分も頑張ろうって思わせてくれる機会になると再確認!すでに自分が今直面している壁を乗り越えてきた先輩の言葉は、やっぱりすげーパワーもらえます。だからこそ、こういう人との繋がりを大切にしたい。
スポンサーサイト

A sea of green

Category : UH
明日は第5戦目となる対Fresno(WAC)。
第1戦を終えてから3戦Awayが続いたので、久し振りにHomeへ戻ってきた。
その間にもエースQBの怪我などもあり、窮地に立たされているWarriors。
彼は膝のACL,MCL,半月板の損傷ということで、4年生でありカレッジでの
最後のプレーとなってしまいました。受傷起点を見てもよくわかりますね。

   

そんなチームを盛り上げるために今回は”皆、Green shirtsを来てスタジアムへ”。
というプロモーションが行われているようです。
"Think Green" Message Being Sent To UH Fans←記事はこちら。

     rp_primary_think-green.jpg

確かに今まで観客席を見ても皆が同じ色の服を来ている感じは全くありませんでした。
他のCollegeではチームカラーで統一されていて、例えば、USCだったら真っ赤にスタジアムが
染まっているのを見ていたので、明日はスタジアムが緑で埋め尽くされるのが楽しみです。

7週間のRotation内でどれほど成長できたのかどうか。
試合という場では嫌でもわかるはずなので、今日頭の整理をして明日に臨みます。

今回、いつもと違うことが一つ。
通常ATSは試合当日の午前中に集まって、すぐに荷物を積んだバンでスタジアムに向かいます。
選手たちが来る4時くらいにはテーピングやゲータレードなどのセットアップは全て終了している状態。

一方、選手はというと前日の練習を終えてすぐにHotel(sheraton)へ向かいます。
当日はそのホテルからチームのバスでスタジアム入り。
スタジアムまでは白バイの先導のもと、前方に車は全くない。そんなVIPな扱いということ。

今まではチームと前日から行動を共にすることがなかったので、そういったものも見ることが
できなかったのだけど、今回はヘッドトレーナーと一つ上の代のATSと共に前日からホテル入り。
夜に自分たちの部屋に来た選手をトリートメントする以外はかなりゆったりした時間を過ごせるよう。
試合までのチームの動きを一度しっかり把握したかったので、Rotationも最後の最後でいいチャンスをもらえました。

今から選手達はWalk throughだけ行ってバスでホテル入り。行ってきます!!

Go!Warriors!!
Protect our house!!

賑やかなキャンパス

Category : UH
キャンパスは新学期の始まりと共に人も増え、活気づいてきました。Bookstoreでは教科書やこれから始まる学期のために必要なものを揃える学生でいっぱい。自分は早めに教科書も買い揃えていたので、レジへ並ぶ長蛇の列に時間を割かれることなく図書館で勉強。

001_convert_20090826154433.jpg

Bookstoreには、学部ごとにセクションで分けられて教科書が並びます。そして、この棚には2種類の教科書があるんです。新品とUsed。学期が終わって、必要なくなった教科書はBookstoreが買い取ってくれて、それがUsedとして販売されます。買う側にとっては少しでも安い方がいいし、すでにいらなくなったものは売って、次の学期のための足しにできるのも助かります。とはいっても、Athletic Training関係の本は売ることはないんだけどね。

今学期の自分の教科書はこちら。

005_convert_20090826154601.jpg

これにもう一つ、Amazonで注文中のものが加わって、4クラス分です。この中の多くは日本でも翻訳されているのだけど、その違いにびっくり。日本語版を使っていたこともあるので、中身を覚えているけどかなり省略されている感じ。やはり原著の方が詳しいです。

今学期の4クラスは何をやるかというと、

Therapeutic Modalities(物理療法)
→このクラスはレクチャーとラボに分かれていて、実際に超音波やE-stim、Paraffinなどなどの使い方や理論を学んで、実践ではシナリオに基づいてクラスメートを選手役にして、説明をしたり怪我の状況に沿って適切な器具を選択できるかなどデモンストレーションをして評価されます。また、一人1トピック与えられて、論文をいくつか読んでPPTで発表。自分の担当は”US Non-thermal”ということで、超音波治療の非温熱作用に関して。

Lower Extremity Assesment(下肢の障害評価)
→ここでは、下肢の障害に関して評価法(SOAPの取り方やスペシャルテストのやり方など)を学びます。上の写真の”Evaluation”と書いてある教科書を使いますが、日本のものはHandbookとして青い表紙のもので、スペシャルテストの部分にフォーカスを当てた感じになっています。この授業もペアで触診からスペシャルテストまでデモンストレーションできるかどうか細かく点数化されます。

Athletic Training PracticumⅠ→この授業では、緊急時の対応、テーピングなど実践の内容をそれぞれシナリオを与えられ、いかに適切な処置ができるかどうかデモンストレーションをする中で評価されます。緊急時といってもかなり細かく、例えば、ショックが起きた時、けいれんが起きた時、心停止、熱中症などなどそれぞれにスポーツ関連のシナリオが用意されています。テーピングも全ての箇所を巻き、松葉杖の使い方の指導や装具の適切なつけ方などなど。これは夏学期にもやって、実際に現場と並行してやっている中ではとてもいいシミュレーションになっています。

Athletic Training Clinical Experience Ⅰ
→これは③の授業の中でやったことを実際の現場でどう発揮できるかというもの。評価するのは、自分が実習をしている担当のスポーツのATC。自分の場合はフットボールなので、フットボールのヘッドが評価をしてくれるわけです。実際の局面とクラス内では大きな差があるのは間違いないですが、頭でわかっていないことは現場でもできないので、知識と実践をつなげられるいい場です。また、この実習の中で一つ自分が評価して経過を追う怪我を決めてレポートで出すという課題もあったり。

昨日、今日はイントロだったので明日からしっかり授業開始かな。フットボールは朝っぱらだし、授業も昼、長くても4時くらいまでなので、午後がゆったり使える感じ。OUTPUTをバンバンするようになって数日だけど、もうプレイスルーが起きた気がしています。まずは、やることきっちりやっていきましょう。

実習先決定

Category : UH
002_convert_20090823152023.jpg

今週末は女子サッカーの試合帯同。ここは、UH女子サッカーの本拠地であるSoccer complex。先週の女子バレーに続き、これで現在行われているメインスポーツ全ての帯同が終了。この目的は一通りそれぞれのスポーツ現場、そして担当ATCのやり方を学ぶというところにあります。サッカーの試合は午後7時からのナイターゲーム。サッカーをカバーするのは初めてだったので、かなりExcitingでした。

サッカー担当のATCは、キネシオテープのマスター。講習会も頻繁に行っています。そして、試合前には二人の指圧師が最終コンディションの調整として選手の体をケアしていきます。ここでもキネシオは多用されます。チームドクターも現在インターン2人を含めて3人がフィールドにいる環境。彼女らは申し分ないメディカルケアを受けているわけです。それに加えて、担当のS&CコーチがW-upを担当。

003_convert_20090823155922.jpg

それだけの環境にしては、もう少しレベルアップできるはずだよなと感じさせる試合でした。見せ場はいくつかありましたが、Over timeを2回加えて得点は入らずドロー。これがシーズン初戦だったわけですが、次は明日Stanfordとの試合です。これをカバーして月曜日からは秋学期。単純計算しても夏にこなした勉強量の4倍が必要になります。ここからが本当の意味でサバイブする環境に入っていきます。

そして、今学期の実習先が決定しました。

前半(10月中旬まで):UH Football
後半(12月初旬まで):Mililani High school


個人的には、一番ベストな組み合わせになったと思っています。フットボールは7人のATSが決まりましたが、男は自分だけ。男女でどうこうというのはないとは思いますが、多少違った色は出していけるはず。しかし、実習中に行われる5試合のうち、3試合がAwayということで帯同できることを祈るばかりです。Away先は、Washington/Las vegas/Louisiana。

高校実習は、各高校に一人ずつATSが割り振られるので経験を積むにはベスト。それに今回決まったMililani High schoolのATCは、昨年UHのGAだった方で一緒に一年働いたので、溶け込みやすいと思います。また、この時期であればまだ、High schoolもFootballをやっているのでこちらでも見ることができる。ただ、いかんせん場所が・・・。UHから車で30分はかかる距離なんです。まだ、こちらで免許を取っていないので、早急に取る必要があるのですがなかなか時間がね。

でも、これで本格的に始まります。実習→授業→図書館→寝る→実習が今年いっぱいは続く生活が始まって、朝は5時半ATR集合。やったろうじゃないですか!!まずはブレイクスルーを早い段階で起こすこと。このままでは、アメリカでわざわざやっている意味がないので、なりふり構わずOUT PUTします。

女子バレー

Category : UH
今週はフットボールと並行して、今日と明日は女子バレーの練習に帯同です。日頃はATRの中だけでしか接することのなかった女子バレーの選手。少数精鋭ということもあって、前から練習も見てみたかったんです。アスレティックトレーナーとしてやることはただ怪我の予防やリハビリをやっていればいいわけではないですよね。知るべきことはいくらでもあります。

練習を見ている中で、”やることがなくてつまらない。早く帰りたい”と愚痴をこぼす同期も中にはいますが、自分は練習中でしか見れない部分を見るようにしています。

”チームの中でその選手がどういう位置にいるのか?中心で引っ張っていく選手か?それともムードメーカー?怪我をしてしまってコートの外でサポートなのか?それとも少し周りよりも技術が低くて、委縮してしまっているのか?”

”感情を全面に出したプレーをするのか?自分の中で悔しさを噛みしめるタイプなのか?”

”怪我明けでまだ本来の動きができていないのか?どういった動きの癖があるのか?ポジションは?”

ATRの中だけで接しているだけではその選手自体を知ることはかなり難しいです。練習や試合の中でその選手がどうしているのかまで見て初めて、コミュニケーションも深まるわけです。いいプレーをしていたら、”今日のあの時のプレーよかったね”とか調子が悪かったら、”何かうまく行ってないことでもある?”と何気なく聞くこともできる。そういった部分からさらにパフォーマンスを上げるには何が必要かが身体のことだけでなく、精神面も含めてアプローチできるのではと思っています。明日も午後から女子バレーの練習です。Finalも今週なので、気合い入れて勉強勉強。
プロフィール

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。