スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Get involved with everything

Category : Athletic training
BOC(プロアスレティックトレーナーの資格試験)まで残り13日。毎日コツコツやってます。
一日二日でどうにかなるものではないし、これは今までカリキュラムに沿って勉強してきたものの総復習。それでも得意分野と不得意分野はこれまでの勉強ではっきりしているので、自分の弱い部分を残りの期間は見直すこととします。

今日からやっと実習が始まりました。ヘッドトレーナーが忙しいということで、一週間遅れのスタート。学生最後の実習場所はD1の大学へ戻ってきました。インターントレーナー含め6人のフルタイム。自己紹介をするなり、アシスタントトレーナーの一人が『ペイトリオッツで働いていたよね?』と。何でも彼女の彼がペイトリオッツのコーチのようで、自分が来る前に彼から自分のことを聞いていたというのです。そのコーチは直接自分の担当のポジションではなかったのですが、自分のことを彼女に良く言ってくれていたよう。恐らく自分が彼と話したと言っても数回程度でしょう。世間は狭く、観ている人は観てくれていると思うとうれしくもあり、また日頃から常に見られているということも忘れてはいけませんね。

初日ということで、簡単なオリエンテーション。そして、女子に続き男子バスケの2試合をカバー。といっても今日は完全に観客!?最後はブザービートでの劇的勝利でホームのファンも大満足でした。
DSCF3059_convert_20110130110957.jpg

DSCF3064_convert_20110130111036.jpg



この実習が学生として活動する最後の現場。スーパーバイザーに見守られている中で活動する特別な環境を生かせるのも最後ということ。どんなに学生のうちから責任感を持って、プロフェッショナルに活動するんだ!!と言っても、所詮は守られている環境でできていることに過ぎないのです。逆に言えば、そういった環境だからこそ純粋に”チャレンジ”ができ、そしてそれに対してアドバイスやサポートが得られるとも言えます。今を生かさないわけにはいかない。

アメリカでの学生アスレティックトレーナー活動で学んだことは。こういった教育の場である現場を自分なりにどう使うかという部分。どんな素晴らしい環境や人に囲まれていても、そこにいるだけで自分の何かが変わる訳ではないのです。ボーとしてたら一日は終わるし、数ヶ月なんてあっと言う間。折角その場にいるのだから、先輩トレーナー、選手、コーチと関わる中で自分が相手に何ができるのか、どんな影響を与えられるのか、どういった部分を彼等から学びたいのか。それを具体的に意識において活動していくことが必要。もしかしたら、彼等一人一人と一人間として関係を気付く事が一番の学びかもしれない。

最後の現場でのテーマは『Get involved with everything』

何でもいい。自分から関わっていく。動いていく。提案していく。
昨年、様々な環境を経験する中で足りなかったのはこの部分。
正直、自分がアスレティックトレーナーとしてやること全てにこだわりを持っているし、自信もあります。
同じ学生にも意識や持っている引き出し、経験値も負ける気はしない。
以前までは出来る事があっても、誰か他の学生TRがやるのに任せてしまったり、
一歩引いていたと思う。でも、短い期間で自分はこれだけのことができます。こういう人間です。と伝える事ができる能力もこれからは必要になってくる。誰でも新しい環境で最初は戸惑うに違いない。自分もそうでした。でも、今はいかに新しい場所で初めて会った人とでも関係をすぐに作って、一緒にチームで動くにはどうしたらいいか。そういう基準で動けるようになった。そして、周りがどうこうではなくて、自分の価値観でこれが必要、これはおかしい。といった感じで動いていくことが今はできます。

今日も初日なんて関係なく、『Get involved with everything』いくつか実践できました。

○ 事前に作っておいたこの実習での目標、学びたい事を書いた紙をヘッドに渡し、
  勝手にミーティング開始。笑
○ 治療に来ていたバレーボールのコーチとおしゃべり。
  以前に日本人トレーナーが働いていたことが判明。
○ 常に自分から仕事を探し、ヘルプに入る。Read their mind.

当たり前のことだけど、全ての集大成として残り3ヶ月。がっつり学ばせて頂きます。
そして、彼等にとって記憶に残る存在に。
スポンサーサイト
プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。