スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱皮できない蛇は滅びる

Category : My thought
そろそろアメリカでの一つの区切りを迎えそうです。今学期も残り11日。大学院の卒業式まであと少しになりました。2度目のBOCの結果も今週末にはでるでしょう。結果が大きく今後の就活に影響するのでいい結果が出てくれないと困ります!!がそれを今心配してもしかたない。卒業をし、ATCになった時に書くエントリーの為にもあまり多くは語らないでおきます。笑

タイトルの言葉はニーチェの言葉です。変化を恐れれば、脱皮なんかできません。脱皮をしたその後に自分がどうなるかなんて誰にもわからないからです。人間は脱皮をしなくても生きていける生き物です。でも、まだまだ脱皮をし続ける人間でありたい。

最近はプロとして働き始めることに”恐怖”すら覚えます。もちろん、今までそれを目指してきたわけだし、いい加減学生アスレティックトレーナーという位置づけからも卒業したい、社会へ早く出たいという思いはあります。ただ、今の自分ができることとできないこと/これからしていかなくてはいけないことがアスレティックトレーニングと関わって7年になる今、鮮明にわかるのです。目の前に見上げるほどの壁となって自分に覆い被さってくる感覚すらあります。

昔は本当にお気楽でした。現場だけで活動していた事もあるのか、その場で必要とされることを身につけるとまるで自分が多くのことを知っていて経験のある学生なのだという錯覚に陥る。限られた視野、知識の中でそれに自信を持つとそれは迷いというものをなくし、周りからはいいフィードバックをもらえる。それがまた自分の状況に気がつかない原因でもあったのです。ただ、今言えることはその当時の自分はそれでよかったのだということです。恐らく社会人スタッフの方々はそういったこともお見通しだったのだろうと今は思います。

アメリカに来てからもそれほど大きく自分の実力が変わったとは全く思っていません。まずはアメリカというこの国で日本で活動していた時と同じように出来るまでに多くの時間を費やしたからです。でも、そのおかげで今あの頃と近い感覚で活動ができている。これが何よりの成長だと思うのです。幸運にも誰しもが経験することはできないプロの世界でのインターンもできました。個人的にはそのポジションを得るまでの自分のチャレンジに価値を見いだしています。なぜなら、インターンはあくまでインターンだからです。自分がプロとしてそこで自分だからできることをしてきたわけではない。そこで働く人々の姿勢や考え方、求められている事を知ったことが今後の自分に活きるという意味で価値があるというだけです。

そして、高校から大学、プロのアスレティックトレーナーと接してきた中でつくづく思うのはプロフェッショナリズムはどこにでも存在するということです。どこで活動しているかで人は評価されるべきではない。そのコミュニティーで欠かせない存在になっている彼等を私たちは知る必要がある。逆に言えば、そんな彼等は自分達がやることに誇りを持つべきなのです。

毎日毎日、自分はプロとしてどこで何をやりたいのかを再度考えています。目標に一気に到達することはできません。そこに行くまでにステップを踏む必要が必ずあります。少しずつ鮮明になってきました。当然、脱皮をする蛇のようにその決断がその後どういう結果を生むのか不安になる部分もあります。でも、それ以上に今は”こんな姿になれるかもしれない”というその思いを信じて前に進むことに心地よさまで感じています。いい風がきっと吹くでしょう。

         Typical Question
スポンサーサイト
プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。