スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Consensus

Category : My thought

                           at_in_locker_room.png                        

 

もう五月ですね!残り2週間余りとなった今学期。Finalに向けて、自分への負荷を最大限にかけていきます。今日はクラスも実習もなし。一日お勉強!解剖は、消化器とか泌尿器とかを勉強していて今までなかなか勉強していなかった範囲なので、新しい発見はたくさんあります。あー、そういう仕組みになっているんだ!と日頃意識しない人間としての営みは複雑な身体の正常な働きがあってこそなのだと気づかされます。まだまだ知らないことが多いですね。

今日の朝はヘッドトレーナーの部屋へ。夏のインターンシップの話をしたいと言いつつも一番の目的は一対一で話す機会を作ること。自分は今、そしてこれからもですがヘッドのエリックから少しでも吸収したいと思っています。彼が30年のキャリアの中で経験してきたことは想像に及びませんが、今の自分が見ることのできない部分を見ているのは確かなんです。今日も話の中でそういう部分を多く感じることができました。こうやって、彼のフィロソフィーというか仕事観というものを聞くことはたくさんの発見があるし、彼の下で働く中ではもっと深く知っておくべきだと思うんです。こういった話をわざわざ彼から学生にするのかと言えば、なかなかないでしょう。あえて、言おうともしていない。聞いてこいというスタンスでもあるかもしれません。でも、やはりアスレティックトレーナーとして大事にしていること、考え方は共感することが何故かとても多い。

例えば、毎日ATSが行っている物療のサポート。これは前から自分も疑問を抱きながら、それでもうやむやにして進んできてしまった経緯もありますが、”なぜそのトリートメントをしているのか?その選手がどういう問題を抱えているのか?”そこをしっかり把握するべきだと思っています。しかし、実際すべての選手に対して、そこをはっきりさせてからトリートメントをするようにすると実際の仕事は進まなくなる。でも、間違いなく状況を理解して、トリートメントをすることは必要です。そうでなければ、誰でもできることであって、選手にStemとアイスをお願いと追われて、Sure!!と言って、ただその機械的作業をする。ここで終わってしまう。でも、そうじゃない。そういう気持ちをずーっと持って、聞ける時は確かめてきました。

そして、今日の話の中でもやはりそれはエリックもずーっと疑問に感じてきたことだったようです。なぜ聞いてこないのか?そして、本当に理解をしているのか?

「例えば、ドクターが選手の診察をしている場に私と誰かATSが一緒に聞いていたとするだろ?ドクターは選手に対してどういう状況で今後どうケアをしていくか説明をしている。その時、俺はいつもATSの顔を見ているんだ。本当に分かっているのかな?とね。で、その診察の間はまるでわかっているように聞いている。でも、その後私の部屋で”さっきのドクターの話わかった?”と聞いてみると、全く理解していなかったということなんてよくあることだよ。じゃあ、何であの場で質問をしないのか?そうだろ?バカじゃないのか?と思ってしまう。私でさえ、ドクターと話していてその内容がリサーチからの情報だったりすると、ん?ってわからないことはある。ましてや、学生だったらもっとわからないことはあるはずだ!そういう部分がしっかりできなければやっぱり信頼できないよな?」

彼はそういうことを毎回わざわざ学生には言いません。でも、そうやって思っているわけです。でも、何か言われない状況がいい状態。満足のいく状態なのかは別問題ですよね。言われない=これでいいんだよな。と思っていたら、気付かないまま時間だけが過ぎていく。だからこそ、こうやって彼が思っていることを聞きに行く機会、話をしてくれる機会を作ることが何よりも大切なんだと思います。

テーピングに関しても、

「今の学生のレベルは悪くはない。でも、もっと練習をすべきじゃないか?もし、私が大学でテーピングの授業を担当していたら、今のレベルなんてNo wayだよ!Practice、Practice、Practiceだろ?でも、誰が実習でATRに入っている時間以外もここにして練習をしている?夏休みの間、実習はなくなるけど私たちはATRを開けている。だから、30分でも1時間でも練習をしにこい。フットボールのサマーキャンプからどんどんやることが増えてくる。選手は巻いてもらったATSが下手だったら、私達に言ってきたりするよ!あいつはダメだってね。これはメインランドでは違う。本人に直接言うと思うけど、言わないのがハワイスタイル。だから、自分で何事に対しても今の状況でいいのかと考えてやらないと、周りから何も言われないからいい状態。ではないんだよな」

もう、なんていうかすごく言っていることはわかるよね。どこでもこれは共通する部分だと思ったので、あえてここに書いて共有したかったです。何かそれぞれの場で同じようなことに関して思うことがあれば、コメントほしいですね。Share your thoughts !!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。