スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I wanna speak ”Perfect” English

Category : 未分類
毎日毎日思うのは、もっと日本語と同じように自分の思いを相手に伝えられたらいいのになぁと言うこと。一年前のように相手の言っていることが全く分からない、口から言葉がでてこない。そんな状況と比べれば、少しずつでも英語のレベルは上がっている。(はず)

でも、他人と比べるものではないけど一年海外で生活してどのくらい話せるようになるのか。特に日本語が耳に入るのが不思議ではないハワイではかなり気になるところ。一年でこの程度ではいつになったら限りなくネイティブに近くなる日が訪れるのか、疑問だなー。多くの先輩方は何年いてもやっぱり母国語と同じほど話せるようになるのは難しいと口を揃えていうけど、まずはそのレベルまで行きたいものです。海外にいても自分で環境を作らないと、いつの間にか海外にいるという状態だけで英語が伸びると思っている人はいつまで経っても変わらない。だから、本当に意識的にそういう場を作ってきた。今のインターン先も8割方コミュニケーションのためのインターンみたいなものだからね。まぁ、焦っても仕方ないので、意識をしっかり持ってコツコツ行きますわ。

そんな英語に関して、TEDで中国の英語ブームを「English Mania」と題して紹介していた。

   

JAY WALKERは、「英語は問題を解決するための言語だ」と言っていて、全ての人類に関係のある世界で起こるあらゆる問題は、共通の言語が解決の鍵になると言っている。この映像を見たら、もしかしたら先生と生徒のやり取りに圧倒されてしまう人もいるかもしれないが、中国においては英語はその人自身のみならず親や国を救い、未来に繋がっているものなのである。

映像の中で紹介されている中国の英語事情は、法律によって3年生から英語を学びはじめ、その後の人生を大きく左右する「Gaokao」という3日間ぶっ通しで行われるテストがあるそうだ。そのテストの25%が英語ということで、8000万人の学生達がそのテストのため3年間、一日12時間の勉強を続ける。本当にゾッとするテストである。

でも、個人的にはそれだけの力を英語という言語は持っていると私も思う。世界の中で発言ができ、機会を生み出していく手段になるわけだから。

英語を話さなくても問題なく生活のできる場所に暮らす人とは、やはり気持ちの入り方が違うのだと思う。自分もまだまだこれから、”Perfect”が何かはわからないが、「Practice makes Perfect」の気持ちでやっていこう。   
スポンサーサイト

Comment

No title

まずハワイから脱出せんと難しいと思うけど日本人はどこにでもおるからな。今の野球の環境はいいと思うな。パーティーに誘ってもらったらええんとちゃう?

No title

そうやねー。やっぱりハワイやもんねー。パーティーはこの間あって、コロンビア医学生とブラジル人ドクターと話したよー。やっぱりそういう場が必要やね。居酒屋NightでNative限定とか!?プログラム始まれば、いやでも毎日同期と一緒だから、そこで鍛えるわー!
非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。