スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンターの存在

Category : My thought
フットボールが始まり、授業で学ぶことを実践する現場も合わせて持つことができる。大学時代にあこがれていたその環境に身を置けることになって、知識と実践が結びついていくこの感覚はうれしくてしょうがない。フットボールにつく中で、練習後にアイシングやケアにくる選手とコミュニケーションをとる機会が自然と多くなる。2回目のシーズンということもあって、落ち着いて選手に声をかけられるし、大学時代に自分の中で培った選手との関係の作り方も少しづつ今、もう一度実践することができてきて、これこれっと自分の中に経験として残してきたものがあることを気づかせてくれる。

Camp中は昼食と夕食は選手と一緒に取ることができるので、ちょっと節約になる。間を見計らって、学生トレーナー達も食べに行くんだけど、自分はぱっと済ませてすぐATRへ戻る。今は少しでもATCと選手のやり取りを見たいし、アイスや物療をしている間の時間に選手に声をかけて、どんな怪我を持っていて、よくなってきているのかなど状況を把握するためのコミュニケーションを取りたい。

アイシングに来た選手に対応する時、その日の練習中に怪我をしていないかどうかスクリーニングができる絶好のチャンス。親指にアイスをするから小さいのを作ってくれ!と言われて、Sure!とただ与えるだけで終わるのか、その際に自分が評価をして後々大きな怪我の原因になるものではないかを確認するかどうかでは大きな違いがあると思っている。

ただの突き指。かもしれない。選手もそう思って、言わないのだろう。でも、そういう小さい部分に気を回せるのが自分たちだし、やたら人数だけいてセットアップの人員だけの役割なんてもったいないし、そうなる気もさらさらない。その選手を自分で評価して、フットボールのヘッドトレーナーに念のためみてもらうことにした。

”今日の練習中に親指を突き指した選手がいるので、チェックしてもらえますか?”

「じゃあ、Historyから聞かせてもらおうかな??」

”ラインの選手でブロックに行った際に親指を長軸方向に突いて痛めたみたいです。一番痛みを感じるのはこの靭帯で、抵抗に耐えることも痛みのため少し難しい”

「その靭帯がある関節は解剖学的になんというの?」

”MP関節で長軸方向に突いたこともあって、両側に痛みがあります”

こんな感じで現場でもすべて学ぶ上でATC達がその機会を与えてくれるわけです。当然、こちらが待っていて、じゃあこの選手を評価してみて!と与えてくれるわけではありません。自分で動いて、機会を作っていくことはもちろん必要です。しかし、それが自分でできれば学ぶことがいくらでもある宝の山のような場所なんです。幸い、自分はこれまでもそうやって自分の方向性にヒントを与えてくれたり、導いてくれる先輩、メンターが必ずいました。本当に幸せなことです。今年から新しくスタッフに加わった日本人ATCの先輩は学生トレーナーへの働きかけを目に見える形で示してくれていて、これからアメリカで勝負していきたい自分としては、こういう風になりたいと日々勉強させてもらえています。

Blogに題名である「ひと房の葡萄の成熟が他の葡萄を熟させる」。秋までもうすぐですが、まずはこのSummer Campの中で自分がどう成熟して、周りにもその波動を与えれるか。一日一日考えて進んでいこうと思います。

スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです。元気そうで何よりです。
幸せそうで何よりです!!
私は今、名古屋で日々奮闘中です。
そんななか、ハワイで奮闘中の一原さんの言葉は
心強いです!!

久し振り!名古屋かー。またどんなことやっているか聞かせてくださいね。こちらはまた、大学時代と同じような日々を過ごしています。

カツさんのそういう視点、本当に尊敬します。
自分から積極的にいかないと何にもならないですよね。。
やはりATは雑用や水やりなどの、授業で習ったことが必要ない、言ってしまえば中学生でもできるような事に割かなくてはいけない時間も多く、ともすればモチベーションを失いやすいですよね。とくにフットボールでは…(もちろんdehydrationの事など、医学的な知識も関わってはきますが…)
そこでどれだけ選手のために、自分のためにできることを積極的に探していくことが大事なのでしょうね。
この一年、フットボールで働く中で自分の目指すAT像にすこしでも近づけるようにがんばります!

だよね。でも、雑用系の仕事は自分たちの立場であれば必須でやること。それはきっちりやる前提で、そのほかでも自分ができることを探さなくちゃだめだと思う。雑用しかやらせてもらえないと嘆いていても、そのうちその雑用さえ満足にできなくなることもあるだろうし、ACIなどは意外と自分で動くことを待っていることも多いし、与えてくれることを待っていてはだめですね。自分もフットボールでまた今シーズン頑張ろうと思いますよ!!
非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。