スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合帰りの車の中

Category : My thought
今日は同じくUHからは車で30分くらいのSoccer ComplexでStanfordと試合でした。全米No.2だけあって、沢山のゴールを許し敗戦。前回は初めての帯同だったので、何を準備してどう動くかを一つ一つ把握する必要があったけど、今日は2回目。次を予想して、手際よく動くことができた。

OUTPUTをもっとすること

これが以前からの自分の課題で、わかっていてもなかなか変わらなかったのだけれど、前回の試合後、サッカー担当ATCであるJとのMeetingの中で、ダイレクトにOUTPUTができていないことを指摘され、やっぱりそうなんだと再確認した。もともと同じ時間をある程度共有しないと自分を出さないという悪い部分がここアメリカではさらに目立つことになる中、一年経ってある程度コミュニケーションもできるようになった今、今こそ変わらなければもう変わることはないし、アメリカでやっている意味がないと気持ちを新たにして、今日の2回目の帯同に臨んだ。

絶対的にOUTPUTの量は前回より多く、Jに質問をしたり、専属で来ているマッサージ師の方々に一つ一つそれは何をやっているのかを聞いたり、ちょっと自分からOUTPUTの量を増やして、積極的に動くだけで自分に入ってくる情報も全く違うことに改めて気づいた。

そして、試合帰りの車の中でJが言った。

”今日の帯同で何を学んだ?”

自分が感じたことを伝え、そして、もう一つ問いかけられた。

”「為されるべき・為されているべきことをすること」と「それをするべきか尋ねること」の違いは何かわかる?”

英語で言われたことなので、ちょっと日本語に訳すと変だけど、要は”気づいて当然のこととしてなされるべきこと”ができるかどうかということ。例にあげて説明してくれたんだけど、例えばゴミがグラウンドに落ちていたら、拾うこと。テープが少なくなっていたら補充すること。こういったことは当然為されるべきこと/為されているべきことであって、それをするかどうかを尋ねる時点で間違っているということ。

そして、この話に続いてJが自分たちに言ったのは、それがおまえは(日本人ということもあるし)当たり前にできるのだから、他の学生TRを引っ張っていかなくてはいけないと。

こういった話ができた今日の帰り道はなんだかとてもうれしかった。こういう場だから言ってくれることでもあるし、そういう話を英語でできるようになったのだから、もっとOUTPUTしないともったいない。そして、もっと深い話ができるようにやっぱりなりたいものだしね。

明日からフットボール帯同開始!朝のテーピングの時間から存在感出していきますよ!そして、Jが言っていたようにInitiativeを取っていかなくてはいけません。やるぞー
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。