スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然に、ありがとう

Category : 未分類
ずーっと気になっていたことがあった。一ヶ月こっちで生活してみて、なんとなくその理由が分かった気がする。

日本にいた頃、Y氏と食事に行った。
店員がいつものようにメニューを持ってきて、お絞りをそれぞれに渡してくれる。

「ありがとう」

その人は店員にしっかり顔を向け、笑顔でそれも自然にその言葉を伝えた。
しばらくして、料理を持ってきた店員にまたその人はこの言葉を投げかけた。

「ありがとう」

少し店員も何か照れているようなそんな表情を浮かべていた。
このやり取りを聞いていて、何か違和感を感じた。と同時に「なんかいいなぁ~」という気持ちになった。

別の日、今度はK先輩と食事にいった。
もう、その頃にはY氏との食事で感じた先程の感情は忘れていたのだが、まるで同じ場面を見ているかのようなことが起こった。

ウェイトレスがメニューや料理を持ってきた時に必ず言うのだ。

「ありがとうね」

それも自然に。そして、また今度は「やっぱなんかいいわ!」と確信へ。笑

この2人に共通することは海外(アメリカ)で数年生活をしていたこと。
そして、この2人に会うまでレストランで同じように店員へ「ありがとう」という人は少なくとも私の周りにはいなかった。そして、その後も同じような場面で「ありがとう」としっかり伝えている人はすべて海外経験がある人だった。それから、「やっぱいいわ!」の気持ちを大事にして、自分も食事をする際には「ありがとう」をしっかり伝えるように変わった。

そして、この一ヶ月ハワイで過ごして気づいたこと。
何かあるごとに「Thank you !!」「Have a nice day !!」など声の掛け合いが飛び交っていること。
バスを降りる時にも運転手に一言。カフェで勉強していて、帰り際に一言。
英語という言語の特徴もあるとは思うけど、やっぱりこの習慣は好きなところ。
町で他人でも言葉を交わすものね。日本じゃあまり見られない光景です。
特に日本がどうこうではなくて、こういう文化は「なんかいいな~」って感じです。

当たり前のことに「ありがとう」を言ってみませんか?
少し温かい気持ちになりますよ!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。