スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't hesitate, Be aggressive

Category : My thought

自信とは結果(=相手の評価)から生まれるものではなく、
本番に向けて納得のいく準備を行い、自分が納得できたか、という内なるものです

久しぶりに本を手に取り、一気に読み終えたところ。
世界で活躍するアスリートは試合で最高のパフォーマンスを出すために、
しっかりと準備を行っている。そして、そんな彼らの準備を支えられるのも
アスレティックトレーナーの魅力でもある。

イチロー選手のサポートを含めシアトルマリナーズでアシスタントトレーナーを務める森本氏の著書。
一流の思考法~WBCトレーナーが教える「自分力」の磨き方
             
           9784797354003_1L.jpg

冒頭の引用はその中で出てきたもの。
結果というものにどうしても意識が行ってしまうものだけど、
それまでの準備の段階で勝負がついてしまっていることは多々あること。

すべての状況で同じことが言えると思う。
個人的には、選手と接する時が我々の「本番」であり、
日々の何気ないやり取りや怪我の評価などをする前、
つまりATRやフィールドへATSとして行く上で
その他の時間でどれだけ準備ができるかということだと思う。

実習の時間が決まっている中で、なんとなくその場にいて
行き当たりばったりなことをしているのと、
何かその日にものにすることを決めて、
そのための準備をしていくのとでは大きな違いがある。

そして、準備をしっかりした状態で学びに行くと
一つ上のレベルのことを学ぶことができるし、
何より自分の気持ちが変わる。これが自信と言えるのかはさておき、
プラスに働くことに間違いはないようだ。

そんな本を読む中で気づきを与えて下さった森本氏には
渡米前に一度お話を伺っていた。もう2年も前のこと。
でも、書き残してあった彼の言葉からまた力をもらった。

「何事もRiskはあるが、怯えるのではなくRiskを承知でいかに行動できるかが鍵」

何か今の僕にぴったりの言葉。準備をもう一度。

明日のために準備をずっとしてきたBIGの皆、頑張ってくださいね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。