スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Austrian cheese『Topfen』

Category : スポーツ
t1larg_convert_20100216104234.jpg

オリンピックが始まりましたね。部屋にテレビがないので、トレーニングルームでちょろっと見るかニュースで結果を確認するくらい。先週のReserch Methodのクラスで資料として出てきたのもあるオリンピック選手の記事でした。

その記事はSkierのLindsey Vonnがオリンピック直前の2/2に右の下腿を怪我したと。Skierはこの怪我を"Shin bang"と呼んでいるようで、ブーツの前の部分と脛がちょうどぶつかる場所で起こる打撲のことを言っているようです。そして、多くの記事はその怪我もさることながら、彼女が用いた治療に関して焦点を当てているものが多い。

なぜか?と言えば、彼女はその下腿の腫れをひかせるために『Topfen』というチーズを腫れている部分に塗っているというからです。専属のPTがそれをしていて、効果があるように感じていると。Evidence Based Medicineの時代にあって、多くの専門家がその効果を疑問視し、いろいろな仮説が述べられています。”チーズの冷たさがいわゆるアイシングと同じような役割を果たしているのでは?”という見方もあれば、前回のオリンピックで働いていた一人のアスレティックトレーナーは記事の中でこう言っています。

"Regardless of whether it's a home remedy or passed down from generations or something someone thought of, if the athlete believes in it, there is significant value in that," said Reiff, who has worked as an athletic trainer in previous Olympics. "If the person who is receiving that treatment believes that it's part of the puzzle of getting better, therefore that athlete has faith. I am a firm believer that it has value."

確かに彼が言うようにその手段が何であれ、その選手が信じてやっていることは結果的に価値のあるものになりうるということ。これは、私もちょっと納得してしまいました。もちろん、やるべき対処法がある中でそれをせずに効果があるかどうかもわからない治療をするのでは本末転倒ですが、この記事に限らず何か論文や一般の常識で『正しい』と思われていることから例え外れていたとしても、それを『間違っている』と簡単に言うことはできないのではないかということです。

話はさらに脱線し派生しますが、人間の身体に関してもまたしかり。世界中にありとあらゆるアプローチ方法がある中で西洋的でスタンダードなものを今学んでいる訳です。でも、過去にも説明できないけども結果が出て、選手にとっていい効果をもたらすことができる、スタンダードからは逸脱するアプローチ方法も見てきました。皆と違うからおかしいと言ってしまうのは簡単ですが、人間の身体の仕組みもまだ完全に解明されていないのであれば、アプローチ方法も無限にあるのだと思うんです。だからこそ、自分は何を持ってアスレティックトレーナーとして活動していくのか?一つのアプローチ方法をとことん追求してもいいし、引き出しをたくさん持って適材適所に選んで使うのもいいのでしょう。つまりは自分はこれだ!というアプローチを持っていることが重要なのだと。どれが正しいはないのだと思います。自分ができないけど、他の人ができるのであればその人に任せればいい。そういった考えもできるしね。

私はというとまだまだ基本を勉強中なので、まず足下を固めないといけません。そんな中でいろいろなものにアンテナを張って蓄えるだけ蓄えておこうと思います。

Reference/Pics from http://www.cnn.com/2010/HEALTH/02/12/cheese.cure.vonn/
スポンサーサイト

Comment

Re: No Title

多くの情報からいかに自分に必要なものを選んでいけるかが鍵ですね!!
非公開コメント

プロフィール

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。