スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Story telling

Category : Inspiration
前回のプレゼンテーションスキルの続きとして、自分が身につけたい、こだわっていきたい分野がある。それは純粋に自分の伝えたいことを相手に言葉で伝えること。話を聞くだけで何故か元気や勇気をもらったり感動させられる人にこれまで何人か会ってきた。その話を聞いているだけで、同じ状況を自分も疑似体験することができ、心が揺さぶられる経験。個人的にはどんな言葉を発するかというよりも、結局は誰がその言葉を発するかで、例え同じ話を違う二人がしたとしても全く違う伝わり方になると思うんです。

プレゼンテーションというものは、話す自分も聞く相手も準備ができている。伝えたいと思って話すだろうし、どんな話なのだろうと聞こうと試みる。演説や講演も同じだろうけど、一度にたくさんの人に対して同時に自分の考えを伝えることができる素晴らしい場でもある。そして、その場での自分の話から観衆はその人がどういう人なのかさえ判断することもきっとあるに違いない。誰もが面白いとか感動したと思わされる話をする人というのは、ただ話している訳ではない。聞き手の立場に立って、綿密に計算された事の運び方をする。声の大きさ、リズム、身振りなどから始まって、どこでユーモアを交えて、どこで少し真剣に感情に訴えかけるかなど細かく考えているもの。

自分がまずその伝え方という面で参考にしているのが、以前も紹介した『TED
20分程度のプレゼンテーションをあらゆる分野で聞く事ができる。今は日本語訳の字幕も全てではないがついていて、英語がわからなくても見て楽しめる。今まで見た中で一番面白く、話だけでこれだけ心を揺さぶられたことはないと思ったのが、脳科学者であるJill Bolte Taylor自身が脳卒中になり、その経験を克明に話すというもの。
彼女はスライドをほとんど使っていません。しかし、実際の脳を見せたり、大きなジェスチャーで感情を込めて話す姿にまるで自分も同じ体験をしているかようにイメージできる。
     
※日本語字幕はここから言語でJapaneseを選んでください。

スライドを作るにしても目的によってその機能は大きく異なる。基本的にはスライドというのは自分が話す内容をより伝わりやすくする補完的道具であって、そのスライドが主役では何の意味もない。スライドに細かい文字でずらずら文章が並び、それと全く同じ内容を棒読みするのなら、ハンドアウトだけ配って時間を使う必要はないはずだから。

プレゼンテーションの分野で参考にしているものがいくつかあるので、紹介しよう。
070118_01.jpg
まずは、「不都合な真実」で有名なアルゴア氏などのプレゼンテーションを手がけたNancy Duarte.彼女は”slide:ology"と名づけ、いかに効果的にプレゼンテーションを行うかをワークショップや本で紹介しています。彼女のも読んで参考にしています。

また、統計的データやグラフなどをいかにわかりやすく視覚化するかという分野で有名なのがEdward Tufte.
poster_OrigMinard_convert_20100405115508.gif
彼もまたワークショップを開いたり、多くの本を出しています。日本の素材も本の中に出てきたりするんですよ。
そして、前回のエントリーでスライド作成に使ったソフトウェアが『Prezi
普通のパワーポイントとは違うけど、ビジュアル的には面白い素材。フリーで使えるし一つの引き出しとして、今回は初めてこれを使ってスライドを作ってみました。TEDの中でもJames Gearyがこのソフトウェアを使ってプレゼンをしています。

物語を語れること。ができる人になりたいなーと思います。そのためには成功も失敗も皆がしていないようなたくさんの経験をして、語れるものを増やしていくことですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。