スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Karate Kidから学ぶ/Dream Came True

Category : Athletic training
最後のテストはTherapeutic Exerciseのクラスでした。Clinical Coordinatorでもあるこの授業担当のBobはATC/PTであり、経験豊富。いろいろ相談することも多く、オフィスで話す中で彼の考え方に共感することもよくありました。今回のFinal前に一つ課題が出されました。『Karate Kid』という映画を見ておくこと。1984年ということでかなり古い映画。karateの師匠であるMr.Miyagiと弟子になったDaniel Larussoが空手の大会で優勝まで登り詰めるサクセスストーリー。でも、ただの空手映画ではないんです。深い。。。師弟関係というのはどの国にもあるのかもしれませんが、そのあり方は様々。日本では特にこれは個人的な考え方ですが、”師匠がやることには全て何かしら意味がある。一見意味が全くないと思えることでも最後にはその意図がはっきりする” こういう思想を自分は持っています。そのため、極論をいえばその師匠が実は何も意図しておらず、どうしようもない師匠であっても弟子は自分で何か学ぶ事ができる。これが日本人的師弟関係であると以前読んだ『日本辺境論』にも書いてあったのを覚えています。これに関しては頷きながら読みました。

話を課題に戻すと、その映画ではいくつかMr. Miyagiからlessonがあります。



LarussoはなぜWax on, Wax offなんてやらなくてはいけないのかわかりません。
でも、Mr.Miyagiはこう言います。

I promise teach karate, you promise learn. I say, you do, no questions

そして、lessonは続きます。Sand the floor,Paint the fence,etc...
ついにそんな空手の上達とはかけ離れていることをやらされていることにうんざりして来たLarussoは怒り気味。でも、ここがいい場面です。Mr.Miyagiはただ意味もなくそれをやらせていたわけではなかったんですね。



さあ、Finalでのエクストラポイントとして出された問題はもちろん解剖学的な肩甲骨に付着する19の筋肉を全て答えなさい。というものもありました。映画に関連していると言えば、そうとも言える!?
しかし、Bobが出した問題はこんなもの。

もし、この映画にあるMr.miyagiのlessonやそれが最終的には空手のためであったという話を今のAthletic Training Educational Programに当てはめるとどうなるか?Athletic Training StudentとTeacher/ACIの関係と重ねるとどういったことが言えるか?

簡単にいうとこんな感じです。あえて私が何を答えとして書いたかは書きませんが、とても忘れてはいけないことがあるということです。

”これをやれと言われて、それに対して不満や文句をいいながら何でこんなことをやんなくちゃいけないのかと騒ぐだけしかできないのか。もしくは言われた事を一生懸命こなし、アドバイスを受け入れて、全てのことに意味があると思う中で行動するのか”

例えすぐに点が線にならなくても、その点をしっかり着実に自分の中に増やしていけばある時思いもよらない線となってあらわれるかも知れません。アメリカの映画の中で日本人的思想を感じられたこと。そしてそれがBobのお気に入りだったことがなんかうれしかったです。

そして、そして、題名にもあるように大学で学生アスレティックトレーナーとしてアメフトに出会い、いくつかの国のナショナルチームもサポートし、カレッジフットボールも経験してきた中でそれでもアメリカに来たからにはどうしても叶えたかった夢が一つ叶いました。

pats_camp_800_convert_20100508104755.jpg

前半にプロサッカーでのインターン終了後、7月20日から9月1日までNFLのNew England Patriotsで働けることになりました。6週間のサマーキャンプ。今年始めに30以上ある全チームに履歴書を送って、ほとんど断りの手紙やメールを受け取っていたのですが、地元チームであり、いろいろな方の協力の下何度もコンタクトを取り食らえついて、その結果こういった機会を得られることができました。決定後、ハワイ大のヘッド/アシスタントトレーナーに報告の電話をしたり、いろいろな人にお礼/報告の電話をできたこともとてもうれしかったです。

ハワイを思い切って飛び出した結果得られたチャンスでもあるし、やりたいと言ってできるものでも当然ないので今まで活動して来たことをしっかり信じて、そしてまた柔軟に現場に対応できればいいなと思っています。

今日から4ヶ月の夏休みですが、一週間の移動日を抜かして全てインターンで修行をすることになりました。たくさん学ばせてもらって、また何か伝えられる事が増えたらいいなー。来週末からスタートです。

Never take anything for granted.
スポンサーサイト

Comment

I promise teach Karate, You promise learn.
Never take anything for granted.

ひとのせいにしたくなるときは、きっと自分の人生の舵をひとに持ってもらいたくなってるときなのかなって思います
それくらい自信がないというか・・・

だから問題なのは、周りではなく、自信を持てない自分自身なんだなって

このブログをみて気づきました^^



そしておめでとうございます!!!!!!!(;-;)
I am impressed to hear that. You could enjoy your change.
Your way will be blessed by everyone.

そんな報告を最後にもってくるなんてーーーーー!!!
なんかくやしい!(^□^)

TSG りん from Singapore

TSGのりんです。
インターンシップ、おめでとうございます! Proactiveなアプローチ、とても素敵です。

”これをやれと言われて、それに対して不満や文句をいいながら何でこんなことをやんなくちゃいけないのかと騒ぐだけしかできないのか。もしくは言われた事を一生懸命こなし、アドバイスを受け入れて、全てのことに意味があると思う中で行動するのか”

これを読んで、今自分がいる状況は、最終目的とは別のポジションにいるからかも知れないと認識しました。Danielleのように”Karateの習得/強くなる”というものに対してのMr.Miyagiの基礎トレになるような場所に身を置かないといけないかなと考えさせられました。

やっぱり自分のやりたい職に就くって、重要なことかもしれないです。企業の名前よりも(苦笑)

へ~!おめでとう!!夢に向かって着実に前進していますね。たいしたものです。素晴らしい!!

PATSー!

あのフィールドにいっちーがいるんか。
おめでとう!まだまだ目指すものは上にあるんだろうけどいっちーらしくストイックに頑張ってな!!

今週のモチベーションいただきました。

naoko>もちろん、その環境に自分の実力が見合っているのかというのは常に疑問だけど、それを理由に何もしないよりかは少しでもできることをやった方がいいと思うんだよね。ちょっとずつ頑張ります。

りんさん>そうですねー。基礎がなくては応用も聞かないですもんねー。もう一度基礎固めします。

あずささん>ありがとうございますー。あずささんは最近どうですか?

タイ米>NFLは一度は経験したかったからなー!また何かモチベーションになるようなものを提供するよー
非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。