スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTクリニック

Category : MLSインターン
今週からどんどん外部での実習もチームでの活動に加えて始まりました。

昨日は、午前中練習のサポートをした後にPTクリニックへ。
PTクリニックで活動するATCの方の下で、4人の患者さんを一緒に見させてもらいました。
全員、膝に問題あり。そのうち2人はACL術後のリハビリとあって、まだROMも完全には戻っていない状態。
Functional Exerciseを中心にリハビリを進めていくのがこのクリニックの特徴のようで、
お世話になったATCのDougは何度も『身体運動はアームカールのように1つの面で起こる動きは実はほとんどない。3つの面での動きが同時に起こっているのが普通なんだ。』と繰り返し言っていました。

        Planes_convert_20100610113619.jpg

それもそのはず、スポーツの中でボールを投げたり蹴ったりするためにはそういった動きは必ず必要になってきます。こういった実際のスポーツでの動きを考えた上でのリハビリやエクササイズには"Functional"という言葉がついて、今ではたくさんの場所でこういったアプローチは浸透しています。NASM-PESでも同様のコンセプトでしたし、このクリニックでも置いてある器具や話からすぐにどのコンセプトを用いているのかわかりました。Functional Exerciseと一言に言っても、様々な団体がコンセプトを打ち出しています。このクリニックでは、Gary Gray Instituteのコンセプトが強く出ていました。実際に聞いてみるとやはりそこの考えを強く反映しているということ。

Dougは患者さんに毎回自分のことを紹介してくれて、エクササイズをする中でもどこに代償が起こっているか、何が原因でそうなっているのか、なぜこのエクササイズをしているのかなど学びのヒントをくれるし、全ての患者さんが帰ってからも質問に丁寧に答えてくれました。PTクリニックというセッティングで働くATCという違った環境を見れる事はまた新たな刺激。個人的には一対一でコミュニケーションをしっかりと取りながら、リハビリを進めていくことは自分に向いている、好きな環境でもあるので、これから働く場所を決める中でもいい参考になりそう。

毎週火曜日にお世話になることになりました。次回はAquatic rehabilitationを見せてくれるということ。また、ACL術後のリハビリを多く見れそうなので、来週までに自分で基本的なACLのPost-OpeのRehab Protocolを作ってチェックしてもらうことにしました。そして、並行してSystematic Reviewをいくつか読んでいます。

明日は夜にHome Game。金曜日は2回目の手術見学です。
プロチームでの活動というセッティングに合わせて、PTクリニック、カイロプラクター、手術見学と盛りだくさん。それぞれの場所でうまく吸収できるように次回訪れる時までに準備をして吸収するための下地をつくらなきゃ。並行して毎日の日課になっている24Fitnessでの筋トレも順調です。この夏で身体も変化すること間違いなし!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。