スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sports Safety Topic ~Vol.4~

Category : Sports Safety
Mediaを通じてのアプローチ

アメリカでは現在Youth Sports Safetyへの動きはどんどん加速しています。全米でわずか42%の高校しかCertified Athletic Trainerを雇えていないという現実、そして年々起こる防げるはずのスポーツ活動時の怪我(重度なものも含めて)に対してこのままではいけないと地域、州、全米単位でキャンペーンや雇用の拡大が行われています。

現在、Mediaも利用してキャンペーンも行いResourcesの部分でも充実しているのが
STOP SPORTS INJURIES』です。
aossm.png
詳しくはwebsiteを見て頂ければと思いますがコーチ、保護者、医療関係者それぞれに向けた競技別の予防プログラム、そしてメディアを利用してニュースで取り上げられた内容やテレビへの出演などの情報も載っています。アメリカにいてつくづく感じるのはこういったスポーツにおいての医療体制への関心の高さです。少し前にNFLでHelmet to Helmetのコンタクトにおいてルールの改正、それによる罰金や試合出場停止などが大きく話題となりましたが、毎日のように新聞記事、テレビで取り上げられています。メディアの利用という部分ではこれから参考にしていきたい部分であるのは間違いないですね。STOP SPORTS INJURIESの中心としても活動しているDr. James AndrewはアスリートであるSam Bradfordと共にテレビ出演しています。ドクターやアスレティックトレーナーがこうやってメディアへ出て、その必要性を訴えて行く。また、誰しもが知っている有名選手の協力なども得ることができればその影響力はさらに増すとも言えます。

2日前のLos Angeles Timesのトップ画面には「High School Sports Safety」の文字が。特集が組まれていました。Sports→High Schoolのカテゴリーが存在している事自体関心の高さが伺えます。

Screen shot 2010-10-23 at 10.53.07 PM

というのもカリフォルニア州のスポーツセーフティーへの動きは現在もっとも注目すべき場所の一つです。1月にカリフォルニアで行われた”Youth Sports Safety Summit”はNATAでも大きく取り上げられています。そのSummitを経て1年が経ちどう全米での動きが変わったのかなど今年の12月の再度Washington DCで”ONE YEAR LATER: A Report Card on the Youth Sports Safety Crisis”とし、follow-up eventが行われる予定。ここにはぜひ参加したいと考えています。

そして、カリフォルニアがこれから面白いと思うもう一つの理由はその環境にあります。カリフォルニアは州としてアスレティックトレーナーとして働く上でのATCでなければならないというLicenced制度を持たない3つの州の一つという側面があります。言ってみれば日本と同様、自分がアスレティックトレーナーと名乗れば働く事ができてしまう。それも現在問題になっている部分です。NPOなどを中心として高校へATCを配置することを実行している団体もありますが、まだまだアスレティックトレーナーましてや試合時においてのドクターでさえいない状況は不思議ではないのです。この動きに加わる事ができればとても面白い。これからも注目です。

さきほど紹介したLos Angeles Timesの特集記事の中に高校のサポートをするドクターのクリップがありました。ボランティアで行う事の問題点は日本でも多く取り上げられていますが、それで助けられている子供達は間違いなくいるのです。しっかりとした雇用体制を整えることを考えることは前提としてもこういった活動も大事になってくるでしょう。こういったことが我々アスレティックトレーナーができるんだということを示す上でも。

 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。