スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sports Safety Topic ~Vol.6~

Category : Sports Safety
『Tips for the Secondary School Athletic Trainer』

DSCF3037_convert_20110116035800.jpg

今回はVol.6(過去の記事は”Sports Safety Topic"のカテゴリーからどうぞ)としまして、先日EATAの中で行われたWorkshopに関して取り上げたいと思います。講演者はNew Jersey州のEastern High SchoolでAthletic Trainerとして働く方でした。基本的に高校レベルであれば一人で数百人いる学生達を相手にしなくてはいけません。Budgetに関しても自由に使えるはずもなく、いろいろな工夫をして現場を回しているというのが現状です。講演者の学校はAssistant ATもいるということで比較的多くのことに手が回るかもしれません。でも、その分学校の規模、学生数が多かったりしますよね。

Workshopの中では、40ページほどある実際にその高校で使われている書類のサンプルが配られそれを見ながら、どういった取り組みをしているのかが紹介されました。まずは学校が2時すぎに終わり、生徒が部活動へ行く前に一気にATRに訪れます。これは昨年高校で実習だったこともあり実感できますが、そこはもはや戦場。そうでなくてもこっちは練習に間に合わせるために急ピッチで評価や練習への可否を決めていくわけですが、相手は高校生。もうどうしようもない奴はいくらでもいるわけで、何の必要もないのに友達としゃべるためにそこに居たり、指示したことをやらなかったり。こういったことを相手にしながら、その上どんどん”次、次”と言う形で観て行かなくてはいけない。

この高校では、"Triage system"(救命救急の現場などで重症度別に振り分けて行く作業のこと)として時間でATRに来させる時間を分けているようです。例えば、

2時過ぎ(学校終了後)~3時/練習参加がはっきりしている者への対応
3時~/新規の怪我への対応及び参加可否を判断しなくてはいけない者への対応
3時45分~/ゲームカバー

また、脳震盪に関してのトピックも上がりました。ちょうど昨年の12月NJでは脳震盪に関する新たなガイドラインができ、それが法律で決められました。具体的には脳震盪と疑われる症状が出た場合、すぐに練習、試合への参加はストップ。ATCもしくはDrからの許可が無ければその後の参加も認められない。これが法律で決められた訳です。今までは試合時にATCがいない場合、コーチが判断をし、曖昧な状態で試合参加を続行させてしまっていると場面も多くあったはず。しかし、それが出来なくなるわけです。セカンドインパクト症候群などを考えれば、大きな動きだったと言えます。

この法律が決まるまでにATSNJ(NJのアスレティックトレーナー協会)でも脳震盪に関してのディスカッションが行われています。このパネリストの中の赤いネクタイの方が今回の講演者でした。これを受けてCNNでも特集が組まれています、いくつか動画もあるので観てみて下さい。

Screen shot 2011-01-15 at 2.36.48 PM

そして、もう一つ。彼はMasterでPublic Relationを取ったということで、メディアの使い方(HP,News Letterの作成など)も紹介してくれました。読者の目の動きを考えたレイアウト。そして、HPを使って怪我の情報や自分たちが行っている事を発信しています。リハビリのメニューを動画で載せたりと工夫しているので観てみてください。

Screen shot 2011-01-15 at 12.45.31 PM

最後に、彼の働く中での”Philosophy"に頷いてしまいました。

You don't need to take care of everyone,
just make sure everyone is taken care of.

大勢の学生を相手にする中で全て自分が直接面倒をみる必要はない。PTクリニックでリハビリしてもいいし、ドクターと話を進めてもいい。でも誰かしらサポートする人がいて、その状態を把握さえしていればいいということ。アスレティックトレーナーの役割はここに集約させるといってもいいかもしれない。カレッジレベルで働くにしろ自分があらゆる技術、スキルを持つ必要はなく、それを持ったスペシャリストを知り、必要な際はそちらへ送る。そういったハブ的役割は必須なんでしょうね。

終盤の質問コーナーでそれぞれ悩みをぶつけ合い、”あ、私も同じこと悩んでるー”みたいに話が盛り上がっている場面は印象的でした。日頃自分でどうにか現場をまわしているわけで、彼等にとってもこういった情報交換の場は大切なんだなって。俺も早くそっちへいきたいぜ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。