スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Control yourself

Category : 未分類
            008_convert_20080820143543.jpg
今日はAmerican Red Crossで"CPR/AED for Professional Rescuer"の講習会を受けてきました。Diamond Headの麓にHawaii Chapterはあって、天気もよく景色も最高でした。受講者の中には2人もAthletic Trainerがいて、12人くらいで講習でした。この講習の中には先日On-lineで終わったばかりのBloodborne Pathogens(血液性感染源)の内容も入っていたので、復習にもなってなお良し。
Skill Trainingの中にはChoking(何か物を詰まらせて、呼吸困難にある状態)に対するアプローチもありました。たまたま、私がパートナーを組んでいた女性の方は妊婦だったこともあり、妊婦に対してどうアプローチするかも実際にできました。

その際に一人の男性から質問。
”実際、妊婦なのか元々その体系なのかわからないことが多くない?その場合、患者に質問しづらいよね?”
確かに。笑 特にこちらに来て感じることは日本に比べてサイズが大きい。聞きにくいよね。
でも、インストラクターは、
”私は気にしないわよ!苦しんでる時にそんなことより助けてもらったことに感謝するし”
それでも、まだその男性は笑いながら、
”でもさー、絶対助かった後にあの時、妊婦なのかどうかなんて確認したでしょ?って言われるよね~”とパートナーと楽しそう。

そんなこんなで笑いも少し挟みながら、最後はテストをして終了。無事、資格をもらえました。血液性感染源にしてもこのCPR/AEDにしてもこれをもっていないとAthletic Training Roomで活動ができないわけです。その辺のガイドラインはきっちりしている部分はぜひ見習う必要があると思っています。大学のClinicや部活で活動する学生TRも必ず講習を受けてからとかね。そういう機会を提供できる場も必要だとは思います。BIG BEARSも今年はCPR/AED講習会やってましたね!年々、その分野の体制が整っていることはうれしいことです。CPR/AEDとBloodborne Pathogensに関しては2回にかけて、まとめたいと思います。

個人的にAthletic Trainerとして何を最も重視するかはこの”緊急時の対応”です。どんなに知識を持っていても、どんなにテーピングがうまかろうと、最悪の場面で動くべき時に何もできないのであれば、私はAthletic Trainerでいる意味はないとまで思っています。
実際はそんな場面に遭遇する確率は限りなく少ない。そして、こうやってどんなに練習を重ねていても実際の場面で動けるかは分かりません。でも、ただ一つ確実にいえるのは準備さえしていなければ、”絶対に”その場で落ち着いて対処することはできないでしょう。

”Control Yourself"

今日の講習中何度もこの言葉が出てきました。苦しんでいる人や意識のない人を目の前にして、誰しもが恐怖を感じるはずです。その中でいかに平常心を保って、逃げることなく立ち向かっていけるかどうか。私がAthletic TrainerとしてATCを選び、サイドラインスペシャリストとしてどこまで動けるようになれるのか。それはここの部分が一番大きんです。もちろん、予防も大切ですけどね。
リンクさせてもらっているYodaさんはATSとして、まさにそういう場面に立ち会ったことがあるようです。
エピソードとして覗いてみてください。

今まで幸い命に関わるほどの場面に立ち会ったことはないですが、常に意識をしていたいと思っています。


                    A150.gif
                    ↑これはK作HPから引っ張ってきました。

また、今日は日本の友人からK作さんの本と手紙が届きました。日本を立って一ヶ月半が過ぎようとしていますが、こうやっていろんな形で”繋がり”が続いていることはうれしいものです。Nちゃんありがとう!!基本、おせっかいということもあるのか後輩とメールやら電話やら今でも連絡取らせてもらっている奴が多いです。こういった”絆”を大事にしていきたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。