スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教わること、教えること

Category : 未分類
今週の実習の予定は火、木、金の三日間。土日がないこともあって、勉強とのバランスを考えると週三回のこのくらいがちょうどいいですね。Footballの練習は朝7時頃から始まるようなので、Athletic Trainer陣の集合は朝、5時半です。明日は初のFootballの午前練のサポートということで、今目覚まし時計買ってきました~。まじ起きれるか心配でしょうがないです。まぁ、今週は残り二日は午後のサポートなので大丈夫。

今日は、私の”現場”での勉強方法に関して少し書こうかなと思います。
大学時代は学部がスポーツ関係ではなかったこともあり、私にとって部活の時間が唯一たくさんのことを吸収できる場でした。そして、下級生の時はその中に”Golden Time”と勝手に呼んでいた時間が存在していました。例えば、こんな時。

授業の関係で学生トレーナーが部活に出てくる時間は様々。下級生の時は特に授業を優先するので、中にはその曜日は下級生は自分しかいなくて、後は上級生だけ。そんな時間があります。すると、なかなか日頃は巻く機会がないテーピングをたくさん巻けるわけです。下級生にとっては、できることも限られている中で唯一選手にアピールできる場でもある。予防の簡単なテープであれば、上級生にも巻けるわけでそこでいい印象を与えることができれば、次回から自分に頼んでくれることもあるわけです。もちろん、数をこなせばそれだけ上達するわけでSkill Upにもなります。

また、学生トレーナーは練習が始まる2時間前くらいには準備しているわけですが、選手は意外と直前にならないとこないでしょ?(もっと早く来てくれればいいのに)。すると、準備も終わって選手を待っている?時間ができます。すると、先輩に何かを教わる絶好の機会なんです。その時のために準備しておくんですね。教えてほしいことを。レジュメにしてみてもらうこともあるし、事前にそういう空いた時間があったら、これを教えてくださいと伝えておいたりする。まだ知らないテーピングの巻き方や触診、スペシャルテストなどいろいろ。
そんな時が下級生の時は”Golden Time”でした。そして、そこでいかに積極的に学んでいけるかが勝負なわけです。日々、その隙を狙って準備して、機会を作ることができればどんどん自分のレベルは上がっていきます。下級生はどうかな?今の上級生と一緒に活動できる時間は刻々と少なくなっていることは忘れずに。

そして、上級生になるとその下級生にとっての”Golden Time"は”Brush Up"タイムへと変わります。
上級生と言っても学生。知らないことやあやふやな知識、技術はたくさんあるわけです。でも、下級生は容赦なく”これはどういう意味があるんですか~”とか”この場合はじゃあどうなりますか?”と言った具合に質問をしてきます。むしろ、教える方がより勉強をしていなくてはいけない状況なわけです。

つまり、お互いに勉強になることはたくさんあるということ。その流れがうまく出来ている所は、何か活気のようなものがUnitの中にあるのかなと思っています。

何かを教えてもらうそういう時の先輩への遠慮のようなそういうものが後で”後悔”に変わったりするんですよね。これは意外とあとになって気づくこと。一日一日を大切に。

ちょっと長くなってしまったなぁ・・・勉強法の本題にすら入れておらん。書きたいことはいくらでもあるので、また明日にしましょう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。