スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見たことのない景色

Category : 未分類
もう10月も終わろうとしているなんて、時が過ぎるのが早すぎる。BIG BEARSも全勝で今週末、ライバル慶応との試合を控えている。もうあれから一年近く経つというのに、今だにあの場所を求めてしまうのはどうにかしたいものだ。全くそれだけ大事な場所だったということだけど・・・

今日、スポーツビジネスの分野で少し調べ物をしていた時にたどり着いたあるHPがあった。そこはスポーツをこよなく愛する一人の元フットボール選手が立ち上げた会社だった。15年間のフットボール人生を過ごし、日本一を経験したことで起こったあることが理念となっているようだった。その中でもう一気に現役時代に戻されてしまうような文章がその会社の”Life Work”としてのっていた。

今年は彼らが今までで一番長くフットボールができる年になればいいな☆

以下、引用(Athletes Dream Management,IncのHPより) 



自分が15年間もアメリカンフットボール選手を続けるなんて、
思っても見なかった。

ヘルメットのフェイスガード越しに見る全ての風景が大好きだった。

出勤前の早朝トレーニングも大好きだった。
グランド脇の歩道橋を使った坂道ダッシュも大好きだった。
練習前の緊張したミーティング、
練習後のチームメイトとのリラックスした時間。
そこで交わされる会話、笑いが大好きだった。
トレーナー、スタッフ、マネージャー、コーチ、そして選手たち。
みんなが集まって醸し出す練習グランドの雰囲気が大好きだった。

関係者入り口の回転扉をくぐって入る、
しぃんと静まった試合前の東京ドーム。
無言でストレッチをしてテーピングを巻く。
その緊張感と心の高ぶりが大好きだった。
人間としての思考回路を遮断して、動物としての自分を呼び覚ます。
対戦相手に全力で体をぶつける。相手を倒して叫ぶ。拳を握る。
どよめくスタンドと、
オーロラビジョンにスローモーションで再生される自分の姿。
チアリーダーの音楽と観客の声援。全てが快感であり幸せだった。

敗戦に繋がるミスに泣き崩れるチームメイト。
彼を抱きかかえるチームメイト。
静まり返った選手用ロッカールーム。黙って選手のケアを続けるトレーナー。
敗戦にひとりで向き合うことが辛くて皆が集まる深夜の居酒屋。
泣いているチームメイト。無理して笑っているチームメイト。
暴れているチームメイト。
その空間が大好きだった。

日本一達成の瞬間。フィールドになだれ込むみんな。
コーチ、マネージャー、トレーナー、みんなが笑っている。泣いている。抱き合っている。
観客席の上司と金網越しに視線を合わせ、頷き合う。溜まっていた感情が爆発する。
祝勝会で酔っ払った社長が叫ぶ。
「俺わぁっ、社長になってぇ、今日が一番嬉しいっ!」
選手の家族も笑っている。チームのOB・OGも笑っている。
最高に幸せな時間。

チームを通じて出会う事、人、全てが大好きだった。
大好きな仲間と大好きなスポーツ、そして練習グランドの芝生の匂い。
この時間がずっとずっと続けば良いなと思った。
これが仕事だったらどんなに幸せだろうと思った。

プロになりたかった。
日本のアメリカンフットボールがプロだったら、どんなに良かったろう。
遠い将来、「お爺ちゃんは昔プロのスポーツ選手だったんだよ」と、孫に言ってみたかった。

日本のスポーツ界の健全発展のために貢献しよう。と強く思う。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。