スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Face to Face

Category : Inspiration
9月も今日で終わり。なんて信じられないよね。あっという間に過ぎ去る時間を少しでも長くするには、一日一日に意味を持たせるしかない。今日はいったい何をしていたんだろう?そんな日が多ければ多いほど、時の流れは加速する。そんな気がする。

昨日もまた韓国人のJongと電話で話をした。サマーキャンプで一緒に働き、ルームメイトだったJong。少年のように笑い、そうかと思うと真剣な面持ちで急に大人になったりする。自分は彼から”コミュニケーションとは本来どういったものなのか?”を学んだ。

明日10月1日。前からみたいと思っている映画が公開になる。Facebookを作ったハーバード生の物語。世界中どこにいても英語という言語も手伝って、あらゆる人といつでも繋がる事ができる。というのがFacebookが個々まで大きくなった理由なのか。

   

『繋がる』っていったい何なんだろう?
SNSを通して地球の反対側にいる友人がどんな生活をして、どんな服を着て、どんな顔をして過ごしているのか。日本を離れてみて、自分の中で物理的な距離への限界が広がってからというもの、SNSを通して知ることができる友人の近況は確かに”繋がっている”そんな感覚を持たせてくれる。そして、こうやってブログを書いていることで家族や友人に自分の生活や感じた事を知ってもらうこともできるようになったし、普通に生活していたら出会わなかったであろう同業者の方や同じ地域に住んでいる人との出会いも一気に拡大した。

でも、Jongと一緒に働いた1ヶ月半。自分は確かにこの現実世界で”繋がる”とはどういうことかを見せてもらった気がする。彼も6年以上アメリカにいるとはいえ、まだまだ英語への課題は持ち続けていると話してくれた。しかし、そのこととコミュケーションを取る事とは全く別の問題だと彼はいつも言っていた。

トレーニングルームへ入ると、Jongは一人一人に歩み寄り、名前を呼びながら挨拶を交わす。両手でしっかり握手をして今日の調子はどう?とコミュ二ケーションを取っていく。仕事が終わって、帰る際も全員の名前を呼び、また明日!と帰る。

遠征へ行った時や試合後に出るディナーの際にもフルタイムスタッフに写真を取ってほしいと時間があればカメラを取り出していた。正直、タイミングや毎回のことだったので少しずうずうしいよなと思ったり。(その時点ではなぜこんなにも写真を取りたがるのかわかっていなかった。)

最終日、帰り際にJongはそれぞれのフルタイムスタッフと取った写真をいつの間にか用意していたフレームにいれて、お別れの挨拶をしながら彼らに渡していた。”この写真を見れば俺のことを思い出してくれるよね”と。その頃には皆がJongのことが好きで、皆が笑顔になっていた。それは同じインターン生として、一緒に働く仲間であると同時に競争相手でもある中で、完全に自分が彼の背中を追う立場になっているとその頃にはっきりわかった。いや、すでにインターン半ばには彼のようになりたいと思っていたのかもしれない。

空港へJongを送る車の中でお互い自分が持っていないものを相手が持っていた。そこから多くを学んだよねと話した。そして、自分は彼のコミュニケーションの仕方の部分でお前のようになりたいと伝えた。

”毎日、名前を呼んで握手をし、言葉を交わす。当たり前のことなんだけど、それはとてつもなく重要なことなんだ。俺は意識的にそういった場を作っていたんだよ。”と彼は話してくれた。

ここ最近、電話で多くの人と話す機会が一気に増えた。というか電話をするようになった。メールでも伝えられる。相手の顔が見えなくても言葉を交わせる。でも、やっぱり自分の声で相手に伝え、相手の声を聞く。文字では伝わってこないたくさんのことがそこにはあると改めて気付く。こんな情報社会だからこそ直接会ったり、電話ではなしたり、できるだけ相手が感じられる手段を取っていきたいと思う。人間本来のコミュニケーションを忘れないように。

泥臭く

Category : Inspiration
本当に何かを成し遂げたかったら、泥臭く食らえついていくこともきっと必要だと思う。小さなプライドや周りからの評価に邪魔されずに、自分がこれだと思ったことを徹底的にやらないと。謙虚さと前に出られない消極性は紙一重。チャレンジできない人をチャレンジさせるのは難しいこと。やりすぎる人を押さえるのはよっぽど簡単。
”そこまでしなくても”
まだ、そう言われる人の方がその先何かやってくれると感じさせる。
卒業まで、資格試験まで、なんだかんだ後半年くらい。今までと変わらない生活もいいけど、それじゃ満足できないだろうな。守られている環境だからこそ、できることもある。それを生かさない理由は何もない。

HBO "I Still Have A Soul" from Paradise Square Films on Vimeo.


心構え

Category : Inspiration
        ist2_9012723-the-egoist.jpg

1.先ず最初にやるべきことは、恐れていることにぶつかることだ。人はそれを勇気という。

2.釣った魚のもらい方より、自分で釣ることを覚えよう。

3.本当に必要なものなら、必ず出てくる。安心気楽に初志貫徹。

4.強靭な魚網でも、一ヶ所切れれば魚は逃げる。調和なくして繁栄なし。

5.人の行為は全て善意だ。ひとつひとつが成長の糧である。感謝の心が己を伸ばす。

6.裁く心が出るときは、己の未熟を知るときだ。培おう、光明面を見る習慣。

7.現象は過去想念の結実だ。何が起きても今は良い種をまけば良いのだ。

8.己は環境に生かされている。これに気付き感謝したとき、境遇に支配されず、
  環境を生かす人となれる。自己をコントロールできる人が自分の運命をコントロールできる人である。

9.今日こそは、これまでの人生の最後の日であり、これからの人生の最初の日である。
  時「今」なり。場所は『ここ』なり。やる人は『己れ』なり。
  ベストを尽くせるのは、『今、ここ』でしかない。
  いつかどこかでやろうとするのは、やらないことの別名である。

10.与え合いが天国で、奪い合いが地獄である。

11.何を思われ、何をされようとも、相手の出方にかかわりなく、
  そこに思いやる愛がなければ人の心は動かされない。

12.人は乗り越えた逆境の数と大きさの分だけ強くなる。偉大になりたければ、
  矢面に立つことだ。

13.人が嘲笑し、失うものが大きくても、実現できると信じられ、世のために
  なることならば、必ず夢は実現し、大きく発展してゆくものだ。
  実現するまで心の世界に描き続けよう。

14.八方塞りでも、まだ天が空いている。あきらめずに挑戦するとき、
  必ず神が味方する。そして道が開かれる。

15.答えというものは、問題を解決して初めて解る。
  本当の問題は、解決しようとしない心にあるのだ。自分で解決しえない問題は目の前に現れない。
  答えをつくり続けるとき、人は生きているという。

16.人生は楽しいものだ。なぜならやることが沢山あるから。

17.空は一度も曇ったことはない。常に晴れている。
  曇りに見えるのは、雲の下から見上げているからだ。

18.大きな船ほど大波がたつ。全て自分が源である。小波も大波も己れの選択
  如何である。動くからこそ波風がたつ。

19.成功は金では買えない。ましてや相続することもできない。
  なぜなら己れの目標に向かって行動することが成功なのだから。

20.決意は簡単だが、持続は難しい。それより完全な状態を想像することを楽しむことだ。

By Mitsuo Aida

個性を出すこと、わがままであること

Category : Inspiration
ワールドカップが近づいてきましたね。4年に一度。
日本でもたくさんの人が楽しみにしてるんだろうなと思います。

中田英寿×本田圭佑の対談

scr1005210652003-p1.jpg

You tubeで見る事ができたので、昨日一気に見ました。本田選手の目が印象的でした。
話の内容は直接見てもらうこととして、海外で活躍し、日本を代表するという両者の話からは考えさせられることが多くありました。そして、個人的にこうやってアスリートが自分自身の考えや信念、またこれからやってやろうと思っていることを聞く事は本当に好きで、わくわくさせてもらえます。そういったことを近くで感じる事ができるのが自分が目指す仕事でもあるので、それが実現したら幸せだろうなー。

自分の友人でも海外でプレーするために挑戦し続けているやつがいます。
彼は先日、”夢と現実”という話をしていましたが、”夢=現実”になる日はそう遠くはないと思います。(直感)
自分が身を置きたい場所がそこにあって、なりたい自分に近づくために日々挑戦し続けているものだけにチャンスは訪れます。そんなに簡単な道のりではないこと、絶対に叶う保証はないこと。それは本人が一番よくわかっていること。対談でも”周りからの否定はむしろ力に変えられる”という節がありましたが、大きなことを成し遂げるものはそういった種の人間なのだと思います。そして、己の我を突き通すもの。

海外で活動することもそうですが、実際にその環境を経験してみないとわからないことはいくらでもあります。何もしていない、見てもいない、挑戦もしていない人にとやかく言われる筋合いは全くないのです。むしろ、挑戦する人はそういった人々を相手にもしていないと言ってもいい。

自分も海外で勉強しているわけですが、ここにいるからこそ見える世界がある。目の前に現れた壁がある。それはやはりここにいるからこそなのです。何も海外、国内という話をしているのではありません。以前夢見ていた環境にいる自分が普通になると、また次の夢を追うわけでなかなか自分のやっていることや掴んだチャンスを軽視してしまいがちですが、ふと今ここにいる自分をもうちょっと認めてやってもいいよな!と思うことも必要だと思います。

そして、もっとわがままに。
周りに合わせすぎる事は自分を抑えること。
自分よりも多くの経験をして、多くの知識を持って、広い視野を持った人に会うたびに
この人すげーって思って、自分もこうなりたいって思って、自分のダメさに気付いて、たまに自分を過小評価する。
一生続くだろうけど、そんな繰り返しの中で誰かが自分と同じような目で自分を見てくれる人がいるとしたら
それは素敵なことだろうなと。過小評価でも過大評価でもなく、等身大で今の自分を計れるようになりたいなー。

何ができて、何ができないのか?
何をやってよくて、何をやってはいけないのか?
何かわかっていて、何を知らないのか?

あんなわくわくした目、久しぶりにみたなー。

アスレティックトレーニング×スポーツマネージメント

Category : Inspiration
夏休みに入り、ゆったりした日々を過ごしています。天気もいいし、2ヶ月部屋を空けるので部屋の掃除をしてちょっと散らかったものの整頓。それをしながら、頭の中の整理も一緒に。

先週末はボストンで『NEスポーツマネージメント会』というものに参加してきました。たまたま、スポーツビジネスを学んでいる知り合いのブログのリンクから飛んだ先が”SNHU Sport"というブログ。Southern New Hampshire Universityでスポーツビジネスを勉強している日本人の方を中心として、そこにはスポーツビジネス/スポーツ/ビジネスで繋がった方々がいることがわかりました。

私もアスレティックトレーニング関係の日本人の先輩方にはいつもお世話になっていますが、この地域にはそれほど多くのAT関係の日本人は少ないようです。そして、日本にいる時から積極的にスポーツビジネスサイドの方と繋がりを作ってきましたが、ここアメリカでもぜひ!と思い、スポーツマネージメント会ではありますが、同じスポーツ繋がりということで2人の先輩と一緒に参加してきたわけです。

             P5080177_convert_20100512000526.jpg
           ※右前方の青いのが私です。めっちゃ笑ってる。うれしかったんでしょうねー。

その時のことを早速SNHU Sportブログの記事(第二回スポーツマネージメント会)でも紹介してくれています。本当に皆さん気さくな方が多く、わいわい楽しく話ができました。もちろん、まじめな話も。大学/学部まで同じ方がいらしたり、共通の知り合いがいたりとやはり世界は狭いですね。

【まじめな話X楽しい雰囲気=爆発的な推進力】

と上記のブログ記事で書かれていますが、まさにそんな感じ。実際、私の頭の中では今まで自分の知識、情報、見てきたものの範囲でアイデアを膨らませていた事が、スポーツマネージメントの視点からのアイデアを聞く事で、いやー化学反応起ってましたもん。電車の時間がなければもっと話せたのになーとちょっと残念。しかし、また次回やろうと話が出ているので、今度は少し具体的に話ができればと思っています。

今回の参加者の方々が関わっているブログも紹介するので、ぜひ覗いてみてくださいね。
スポーツマネジメント from USA
マイナーリーグを愉しむ
プロフィール

Katsu

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。