スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Professionalとは何なのか?

Category : Bridgewater life
昨日の投稿で早速多くの方々から反応(お叱り!?)があったので、自分の思うところをしっかりと書いておきます。書いた後にこういった反応はくるだろうなと思っていたので、気を悪くされた方がいたら申し訳ありませんでした。その記述は”山の頂上をプロフェッショナルスポーツとしたら、麓はHigh schoolと言えるでしょう”の部分。

これは単にスポーツのレベル、そして社会的に思われていることを元にした山の頂上と麓ということ。NFLはアメフトで言えば最高峰のレベル、高校はまだまだ発展途上のこれからのレベル。そして、私が言いたかったのはその頂上(プロ)の現場を経験できるアスレティックトレーナーはそう多くはいないということです。

あくまでもアスレティックトレーナーのレベルを基準にプロでやっているアスレティックトレーナーはすごい、できる。高校でやっている人はそうではない。そういっているのでは全くないことを理解して頂ければと思います。少し軽率な文章でした。

でも、思うんです。アスレティックトレーナーを志す学生、もしくは一般の方の見方はどうなのか?と。僕は日本の高校レベルのスポーツ環境を整えるため、アメリカへ引き出しを増やすために来ました。ずーっと念頭にあるのは高校で働く事。最近、クラスメイトとも進路のことでよく話します。その際、いつというタイミングは別として、それはアメリカの高校で数年働きたいという話をすると、いい反応が帰って来たことがないんです。”いや、やっぱりD1のカレッジでしょ?プロでしょ?” こういった反応がほとんどで、いつも思うのは高校で働いているATCとしっかり一緒に働いたことはあるのかなと。

もちろん、プロで働いているATCの方々はそれに見合った能力があるからそのポジションを得ているのでしょう。夏に一緒に働かせてもらったプロの世界のATCはすばらしい方々でした。では、高校で働くATCはどうなのか?

個人的には今までこの高校の現場で一番学んで来たといっていい。彼らは一人で何百人という生徒がいる高校を見ている訳です。そして、近くの大学の実習先となって、教育の機会を与えてくれたりしている。彼らはそれぞれ異なった自分自身のやり方、哲学を持っていました。今働いている高校で働くJen。彼女は一人で全ての競技をカバーしています。”私はカレッジと同様のレベルで彼らにできることを提供するのが信念なの。”そう話すJenの言動や生徒の扱いはまさにプロフェッショナル。そして、実習中も何度も聞いてきます。”今日、何を学んだ?”

話を前に戻すと、日本にもまだまだアスレティックトレーナー学科のようなものができています。そして、アスレティックトレーナーを目指す学生もまだまだいるでしょう。そして、その理由としてアメリカのプロスポーツで働きたいから。こういった理由はとても多く見かけます。もちろん、私もその世界は経験してみたい。誰しもが思う事でしょう。しかし、アスレティックトレーナーをその人が働いている場所、環境という色眼鏡で見る事はしてほしくない。

僕がプロの現場を見てみたいと思った理由は、プロの世界で働いているATCはどういった仕事観、哲学、つまりはプロフェッショナリズムを持って働いているのか。そこだけが知りたかったと言っても言い過ぎではない。なぜなら、僕にとって働いている場所は何の基準にもならないからです。でも、プロの世界や他のさまざまなレベルをこの眼で見て、その視野を備えて高校で働く事で学生や学生トレーナーに伝えられる事はまた増えると思っているんです。教育、学生トレーナーの育成、そういったことに尽力していきたいとずっと思っている中で全ては彼らにたくさんのことが伝えられる自分になるにはどうすればいいか。

昨日が2日目の高校での実習でした。既にノートには学んだことがたくさん書いてあります。まだまだ調べたりして理解を深める必要のある部分も多くある。きっと今年の終わりには数冊のノートがぎっしり埋まっていることでしょう。将来は高校で働きながら、NFLでもカレッジでも経験できないようなことを学生トレーナーに経験させてあげたい。これは十分可能なこと。そして、将来日本の高校で働きたいといって、アスレティックトレーナーを目指す学生をたくさん出す事です。

皆さん、もう一度考えてみてください。プロフェッショナリズムとは何なのか?

山の頂上と麓

Category : Bridgewater life
Bridgewaterに戻って来てからばたばたしていて、やっと落ち着いた!?感じです。別の部屋に移動したので、未だに片付いてないっす。早いとこ綺麗にしよ。

学校も始まりました。久しぶりにクラスメイトに会って、今セメから以前ハワイ大でクラスメイトだった4人も編入してきて、再会を果たしたり。クラスは2つだけで実習は車で20分ほどいったところにあるHigh schoolです。別の大学から来ている学生3人を加えて、どうしようもない”がきんちょ”相手に楽しくやってます。やっぱHigh school好きだわー。

4ヶ月の夏休みの間、プロサッカーとプロアメフトで働いた時間はいわば精神と時の部屋にいたそんな時間だったのだと今思います。あの期間は毎日一日一日精一杯やるしかなくて、振り返る時間もなく前へ前へ。でも、今また通常の大学院での生活に戻るとその期間で変化した自分に気付くことがここ数日でも多くある。もちろん、いい意味でね。

山の頂上がプロフェッショナルスポーツだとしたら、麓がhigh schoolと言えるでしょう。
頂上に登ることができる人はそう多くはいない。これはアスレティックトレーナーも同じ。
自分がその頂上に登る切符を得た時から考えていたのは、その頂上から麓はどう見えるのかってこと。

これからHigh schoolで働くことは、その麓と頂上の違いを見つけることができるんだ。
頂上の景色を知って、その上で麓をもっと知る。これが今学期のテーマです。

うれしいことにペイトリオッツからシーズン中も働いてほしいというオファーをもらったので、授業、高校実習と並行して、週2回の練習カバーとシーズン中全てのホームゲームで働きます。

頂上と麓の往復をする半年になりますね。
多くのものが見えるでしょう。楽しくなりそうです。

残り1週間で夏休みー

Category : Bridgewater life
Finalも大きな山を越え、来週でSpring Semesterも終了。医学一般/薬理学?のクラスの実技試験(聴診器とか何の薬を処方するのかとか)とTherapeutic Exerciseのテスト、そしてResearch Methodsのクラスで最後のプレゼンが残るのみ。でも、気持ち的には力尽きることなく最後まで行けそうです。

4月の一ヶ月はいろいろ他にも同時進行でやることが多かったのですが、何とか無事乗り越えて来た感じです。
そうそう、待望のアメリカ(MA)での免許も獲得しましたー!実は日本で免許を持っていなかったこともあり、いろいろ理由をつけてハワイにいた時からずるずると取らずに来てしまったのです。そして、車も日本人ネットワークをフルに使い、Win-Winの個人交渉でゲット。この夏は三菱ランサー君に頑張ってもらうことになりそうです。

      =?EUC-JP?B?NTZhOTQ2NjVfNGJjNWQ0YTEuanBn?=

学期(Final)の最後にはCSCSの受験も控えています。来年BOC/卒業を見据えて、どういう進路を取りたいのか考えていますがもう少し時間が必要ですね。いろいろな方に話を聞かせて頂こうと思っています。

学期が終わっても休んでいる暇はありません。すぐにカンザスシティーへ向かいます。車でアメリカ半分横断予定。

Screen shot 2010-04-17 at 2.39.37 PM

22時間ほどかかるとマップではでましたが、数日かけて安全運転で行きたいと思っています。セントルイスに友人があるので、久しぶりに会えるのが楽しみ。ルートの途中でどなたかいらっしゃったらご連絡くださいー。
まずは、残り一週間乗り切らなくちゃ。明日は髪を切ってさっぱりしてきます。最後の締めくくりであるプレゼンはどんなことしようかなー。前回はPreziで皆喜んでくれたので、今回はまた別のアプローチを考え中。

では、アメリカで頑張る学生の皆さん、Final頑張りましょー!!

ランナーがセルフケアする時に便利なもの

Category : Bridgewater life
        boston_marathon_finish_line.jpg

明日は8時頃にゴールラインに集合。まずはメディカルスタッフでのミーティングがあります。
すでにメディカルケアに関するガイダンスは配られていて、各症状に関してどうマネージメントするかまでしっかり書いてあります。サポートは皆が走り終わった後なので、最初の方が戻ってくるまで数時間は待つ事になりますが、ゴールラインということはそれだけ肉体的にも限界に来ている状況のランナーを相手にするわけなので、いろいろとシュミレーションをしておきたいと思います。日本の方がいれば通訳としての役割も求められるのでね。

今までのマラソンサポートでの経験から、参加者の多くは生涯スポーツとして走る事をされている方が多いと言う事です。そのため、なかなか身体にケアに関してもどうしていいかわからず、病院に行っても診断されるだけで解決しないと言う方も多くいるのも事実です。

自分でできるケアとして、Foam Rollerで凝り固まった筋肉をほぐすことができます。
ストレッチであれば、自分の柔軟性が乏しければ乏しいほど、苦痛になりなかなか長続きしない。
でも、これを使うと身体の重みである程度負荷をかけられるし、各部分を重点的にほぐす事もできるので家に一つあると便利ですね。一通りの流れとして、わかりやすい動画があったので載せておきます。

        

30Km地点

Category : Bridgewater life
残り3週間。New Englandはまた雨に加えて寒さが戻ってきました。来週からはFinal,Paper Dueの荒らしです。
でもここを超えればまた力がつく。

月曜日はボストンマラソンが開催されます。うちの学生アスレティックトレーナーは全員このマラソンのメディカルサポート。ゴール地点で担当は車いすランナー達。他にも一般の方の対応もすると思います。歴史のある大会だけに誰しもが出れるわけではないレースです。基準となっているタイムをクリアしていなければ、まず参加資格はありません。日本人の方はどのくらいいるのでしょうか?楽しみです。ホノルル、マウイと会わせてこれで3大会目のマラソンサポート。マラソン大会でのメディカルシステムもしっかり勉強したいところです。

また、来週金曜日はシンポジウム。うちの大学の大学院生がそれぞれの研究成果や研究のProposalを発表します。今回はリサーチクラスの一環としてポスタープレゼンテーションとして自分達は参加します。文献のレビューと方法論までの内容で、こういう研究をしてみたいという模擬ポスタープレゼンテーションですが、この作業もとても面白い。今日、キャンパスセンターでポスターサイズに印刷してもらってきました。当日は学部の学生アスレティックトレーナー達がこちらも授業に一環でシンポジウムに参加。質問をそれぞれの院生にしていくようです。

自分は実際にやりたい研究テーマで今回ペーパーとポスターを作れたので、これから細かい部分をつめて実際の研究としてやっていきたいと思います。まだまだMethodsの部分を勉強しないとダメですね。

Screen shot 2010-04-17 at 1.25.33 PM
プロフィール

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。