スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sports Safety Topic ~Vol.6~

Category : Sports Safety
『Tips for the Secondary School Athletic Trainer』

DSCF3037_convert_20110116035800.jpg

今回はVol.6(過去の記事は”Sports Safety Topic"のカテゴリーからどうぞ)としまして、先日EATAの中で行われたWorkshopに関して取り上げたいと思います。講演者はNew Jersey州のEastern High SchoolでAthletic Trainerとして働く方でした。基本的に高校レベルであれば一人で数百人いる学生達を相手にしなくてはいけません。Budgetに関しても自由に使えるはずもなく、いろいろな工夫をして現場を回しているというのが現状です。講演者の学校はAssistant ATもいるということで比較的多くのことに手が回るかもしれません。でも、その分学校の規模、学生数が多かったりしますよね。

Workshopの中では、40ページほどある実際にその高校で使われている書類のサンプルが配られそれを見ながら、どういった取り組みをしているのかが紹介されました。まずは学校が2時すぎに終わり、生徒が部活動へ行く前に一気にATRに訪れます。これは昨年高校で実習だったこともあり実感できますが、そこはもはや戦場。そうでなくてもこっちは練習に間に合わせるために急ピッチで評価や練習への可否を決めていくわけですが、相手は高校生。もうどうしようもない奴はいくらでもいるわけで、何の必要もないのに友達としゃべるためにそこに居たり、指示したことをやらなかったり。こういったことを相手にしながら、その上どんどん”次、次”と言う形で観て行かなくてはいけない。

この高校では、"Triage system"(救命救急の現場などで重症度別に振り分けて行く作業のこと)として時間でATRに来させる時間を分けているようです。例えば、

2時過ぎ(学校終了後)~3時/練習参加がはっきりしている者への対応
3時~/新規の怪我への対応及び参加可否を判断しなくてはいけない者への対応
3時45分~/ゲームカバー

また、脳震盪に関してのトピックも上がりました。ちょうど昨年の12月NJでは脳震盪に関する新たなガイドラインができ、それが法律で決められました。具体的には脳震盪と疑われる症状が出た場合、すぐに練習、試合への参加はストップ。ATCもしくはDrからの許可が無ければその後の参加も認められない。これが法律で決められた訳です。今までは試合時にATCがいない場合、コーチが判断をし、曖昧な状態で試合参加を続行させてしまっていると場面も多くあったはず。しかし、それが出来なくなるわけです。セカンドインパクト症候群などを考えれば、大きな動きだったと言えます。

この法律が決まるまでにATSNJ(NJのアスレティックトレーナー協会)でも脳震盪に関してのディスカッションが行われています。このパネリストの中の赤いネクタイの方が今回の講演者でした。これを受けてCNNでも特集が組まれています、いくつか動画もあるので観てみて下さい。

Screen shot 2011-01-15 at 2.36.48 PM

そして、もう一つ。彼はMasterでPublic Relationを取ったということで、メディアの使い方(HP,News Letterの作成など)も紹介してくれました。読者の目の動きを考えたレイアウト。そして、HPを使って怪我の情報や自分たちが行っている事を発信しています。リハビリのメニューを動画で載せたりと工夫しているので観てみてください。

Screen shot 2011-01-15 at 12.45.31 PM

最後に、彼の働く中での”Philosophy"に頷いてしまいました。

You don't need to take care of everyone,
just make sure everyone is taken care of.

大勢の学生を相手にする中で全て自分が直接面倒をみる必要はない。PTクリニックでリハビリしてもいいし、ドクターと話を進めてもいい。でも誰かしらサポートする人がいて、その状態を把握さえしていればいいということ。アスレティックトレーナーの役割はここに集約させるといってもいいかもしれない。カレッジレベルで働くにしろ自分があらゆる技術、スキルを持つ必要はなく、それを持ったスペシャリストを知り、必要な際はそちらへ送る。そういったハブ的役割は必須なんでしょうね。

終盤の質問コーナーでそれぞれ悩みをぶつけ合い、”あ、私も同じこと悩んでるー”みたいに話が盛り上がっている場面は印象的でした。日頃自分でどうにか現場をまわしているわけで、彼等にとってもこういった情報交換の場は大切なんだなって。俺も早くそっちへいきたいぜ。

蟹座の空模様

Category : 空模様
いろいろな人から”これ、当たるよ”という声や紹介している記事、Twitterを見て自分も見てみた今年2011年の蟹座の空模様、”筋トレ”という星占い。時系列で書かれているけど、うまい具合に自分の今後と重なりそうなことがたくさん書いてあり、ちょっとビビる。でも、もしこの通りにいくと自分にとっては面白い展開になりそうな気配もあります。

「目標を全うして、次の全く新しい世界へ」。
これが、2011年の蟹座の光景です

これも頷ける。週ごとの占いも載っていて。
今週の蟹座は、

将棋や囲碁のゲームを進めているような雰囲気です。
それも、ヒートアップしたせめぎ合いではなく
おたがいにひとつひとつ、反応を確かめ合いながら
ある種「阿吽の呼吸」で、
未来に向かってラリーを重ねていくようなタイミングです。

自分だけでガリガリ進むのでもなく、
相手の出方をひたすら待つのでもなく、
一手一手、相手の出方を見守りながら、
自分の中にある一番正直で納得できる反応を返していく、
この淡々とした、
でも、深いエネルギーのこもった展開が
今週という時間を充たしています。
その中で、不思議な楽しさを感じることができると思います。
呼吸を合わせていく、リズムの楽しさです。

これは、自分の進路に対して当てはまりそう。迷いがある時はこういった占いがちょっときっかけに動けたりする時もありますよね。まあ、チキンなので自分は。そんな単純な僕は前からずるずる実行できていなかったパッツの恩師への電話を決行。プレイオフ中で忙しいですが、16日のJetsとの試合前に電話できるのは今日までがぎりぎりかなとトライ。何とか忙しい時間ではなかったようで、しばし会話。今後の進路の相談をし、シーズン終了後に再会の約束。まだ自分が行きたい場所はわからないけど、目指す場所と今すぐに選択する場所はまた違うのではと最近感じました。一生に一回今のタイミングでしかチャレンジできないこともあるんだよなと。We'll see anyway,

EATA in Philadelphia

Category : Athletic training
先週末は3日間フィラデルフィアへニューイングランド地区を中心としたアスレティックトレーナーの総会に出席してきました。基本的にはGeneral lectureやWorkshopが用意されていて、夜にはBanquetがあり、一年に一度この地域で活動するアスレティックトレーナーが集まる感じです。昨年の全米アスレティックトレーナーが集まる総会にはいけなかったので、実質こういったものに参加するのは初めて。フォラデルフィアも初めてでしたが、 ホテルの周りくらいしか動かなかったかな。
   DSCF3024_convert_20110111025703.jpg
学生に対してはStudent Programと言う形で用意されているものがありました。初日は午後に到着後、各大学から選ばれた学生が競い合うQuiz Bowl。なんとクラスメイトのRachelが見事1位を獲得。Good Job!!

Student Programはちょっと物足りなかったですが、SASTM (Sound Assisted Soft Tissue Mobilization)のレクチャーと実技が用意されていたので良しとしましょう。Graston Technique, ASTYM, Gua Shaなどなど目的は同じでも使用する器具の素材の違いでそれぞれ何が違うのかはずっと疑問に思っていました。それぞれ実際に選手へ使っている現場を見た事があるのでなおさら。瘢痕組織をこの器具でBreak downして正常な繊維の配列へ戻すのが目的。将来的には使ってみたいアプローチの一つです。

お金も払って参加しているわけなので、何か学んだものを必ず持って帰ると心に決め、Work Shopに参加しました。通常はATCのためのプログラムですがそんなんは関係なし。お願いして参加したのが、『Athletic Trainer's Secondary School Survival Kit』高校でアスレティックトレーナーとして活動する中でどうマネージメントしていくか、どういったアプローチをしているかを紹介してくれました。分厚い冊子にはこの高校で使われている書類がサンプルとして入っていて、Master DegreeでPublic Relationを専攻したという講演者のATCはどうやってAthleticTrainerのProfessionを伝えていくか、どう周りに見せて行くか、効果的なメディアの使い方など参考にできることがたくさん。これはSports Safety Topicとして後日新たな記事で紹介します。

こういった少しお固い総会にも関わらず、一日の最後には皆でお酒を飲んで踊る場がしっかり用意されているのがアメリカのいいところ。ボストンへ戻る前にはフィラデルフィアと言えば”Cheese steak"が有名ということでしっかり食べて帰ってきました。うまかったー。さあ、カフェにでも行って勉強しますか。
    
    DSCF3041_convert_20110111025536.jpgDSCF3045_convert_20110111025617.jpg
    DSCF3046_convert_20110111025440.jpg

フィラデルフィア/ロードアイランド

Category : Bridgewater life
春学期が他と比べて遅い19日スタートのため、ちょっと退屈な日々が続いています。
やるべき勉強はあるのですが、家かカフェで毎日同じルーティーンだとどうしてもインプットばかりになってしまうので、アウトプットの場が必要。まぁ、明後日金曜日にはEATAというDistrict1のConventionへ出席するため、フィラデルフィアへ行く予定なので、いろいろレクチャーを聞き、フィラデルフィアの町を見てきたいと思います。

そして、春学期のClinical Siteが決まりました。Bryant UniversityというDivision Iの大学です。家からは45分ほど離れたRhode Islandにあるようですが、また大学の現場に戻ってきました。これが最後の実習。自分の集大成としてどこまでチームに関わっていけるのかが目標です。遠征についていけたらいいなー。学期前の12日あたりからスタートです。エンジンかけていかなくちゃ。
      images.jpeg

勝負の年

Category : Bridgewater life
新年あけましておめでとうございます。皆さんはどう過ごされましたか??
私は友人宅で鍋を囲みながらテレビ中継されているNYCのカウントダウンにあわせて年越ししました。
アメリカではクリスマスは盛大に祝うけど、New Yearはそうでもないです。

今年は勝負の年になると思います。
何事にも結果を出す必要があります。
言い訳はなし。結果が全て。人生の中でも昨年以上に自分を取り巻く環境は大きく変化することでしょう。
変化に対しては即座に適応し、楽しむためにはどうすべきか。昨年学びました。
その点に関しては、これから起こる変化が楽しみでなりません。

そして、今年のテーマは”自信を持って何事にも取り組むこと”。
どんなに多くの経験をしてもどんなに成功体験を積んでも自分の心持ち次第で
自分をどんどん小さくしてしまうことは簡単です。
物怖じすることなく、自分をしっかり出して行けるか。
これができれば自分らしく生きることができる。

また、今年で28歳。普通に働いていれば社会に出て数年が経ち、社会人としてももう一段階レベルアップする頃。私もやっと学生から卒業し、社会に出る年。大人として、男として理想に近づけるように身を固めて行かなくてはいけません。

当面の目標は、BOC合格、卒業、就職先の決定。
これが全て達成できれば、人生の新たな節目となります。
そして、やっとスタートラインに立つことになります。
長い長い残りの人生のスタートライン。
次の更新ではいい報告ができるように毎日勝負したいと思います。

皆さんも素晴らしい一年になりますよう祈っています。
プロフィール

Author:Katsu
Bridgewater state college/MasterのEntry-level programももうすぐ卒業。無事ATCになることが出来ました。早稲田大学アメフト部で学生アスレティックトレーナーとしてのスタートを切り、ハワイ大学、そして今の大学と進んできました。日本の高校以下のスポーツセーフティー環境を整えたいという使命のもと、そこに必要なのは何なのか導かれるように今は前に進んでいます。アグレッシブに『行動第一主義』。何かあれば遠慮なく。ichihara0707[アットマーク]gmail.comまで。

Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。